eco・to・lifeはお得なエコについて考えるサイトです。自分と地球にいいこと生活を!

eco・to・life(いいこと生活) HOME » いいこと投稿 » 2009年のいいこと投稿

2009年のいいこと投稿

2009年 1月 「いいこと寒さ対策」投稿の一部をご紹介

■東北は寒いです(といっても最近は温暖化のせいか以前よりは温かいのですが・・・)。暖房代もばかにならないです。そこで、常にひざかけをするようにしています。フリース地のものや、もこもこした毛布。最近のひざかけはいろいろありますし、とっても温かいんですよ^^
(宮城県・10代・女性)

■マンション住まいなので、冬も暖かくあまり暖房は使いませんが、やはり朝晩は冷えるのでオイルヒーターを去年1台購入しました。オイルヒーターをリビングと和室の境に置き、その上のかもいに洗濯物を干しておくと、オイルヒーターの熱で洗濯物がものすごく良く渇きます。部屋の乾燥防止にもなるし、暖かいし、一石二鳥ですよ。
(埼玉県・30代・女性)

■今の時期はお布団に入るのがとても辛いですよね。そこで我が家ではペットボトルを湯たんぽとして活用してます。しかも使うのはお風呂のお湯です。お風呂に入ったとき2リットルのペットボトルにお風呂のお湯を入れ、布団に入るときそのペットボトルを足元に置いて寝てます。これで足元も暖かくすぐに眠れます。朝になったらペットボトルのお湯は洗濯機に入れて、洗濯に再利用してます。
(神奈川県・30代・女性)

■ここちロールのセパレートスリーブ。末端冷え性なのですが、室内で手袋をしたままでは作業ができず、ついつい暖房温度を上げてしまっていました。しかしこの商品は手首から掌まで覆うことができて、キーボード使用時の指先冷え対策にぴったりです。薄くて軽いのでくるくる巻いて持ち歩き、室温に併せてとりはずししています。それに、運動して熱くなって汗ばんできたらすぐ外すことができ、そうすると冬はそれだけで体温調節ができるので、一駅歩いても後から汗でぞっとすることがなくて、歩くのが苦になりませんよ。
(東京都・30代・女性)

■人一倍寒がりのわたしが寝るときに使っているのは「ダウンソックス」です。足元を温めれば全身温まるのです。しかも靴下のように足を締め付けないし、適度の空気があるので本当に温かいんです。以前はレンジ式のゆたんぽを入れなければ布団にも入れませんでしたが、今はダウンソックスで十分です。もちろん部屋の暖房も何も使いません。
(神奈川県・30代・女性)

■重ね着をします。よくとっても薄着をして「寒い寒い」と言っている人がいますが、重ね着が着膨れすると思っているのでしょうか。ぴったりした長袖のTシャツを着て、その上からシャツを着ます。そして、細めの丸襟のセーターや、V襟のカーディガンを着ます。もっと寒いときは、シャツをぴったりしたタートルネックのセーターにして、つまりセーターを2枚が重ねします。寒いときはたくさん着る、これって当たり前のことではないでしょうか。
(大阪府・40代・女性)

■窓ガラスにプチプチを貼っています。結露の量が減りました。ほんの少しですが、寒さが減ったような気がします。こたつ布団の下にアクリル毛布を入れておくと電気をつけなくても暖かいです。じゅうたんの下に100円ショップで買ってきた銀色の断熱シートを敷いてその上にじゅうたんを二枚重ねています。
(愛知県・30代・女性)

■貼れるタイプのカイロを腰に貼って、全身が温まるようにしています。使い捨てタイプのカイロでも温かさがだいぶ持続するので、お風呂に入る前に剥がしたら布団の足元の部分に置いておいて、寝る時に足元が温かいようにしておきます。布団に入れておくことでさらに温かさがキープされ、かなり有効に活用できます。
(青森県・20代・女性)

■ドアの下からの隙間風に、使わなくなったタイツの足部分を切り取り、中に胴部分や着古した主人のランニングなどを詰めて口を縛り、ドアの下に置いています。やわらかめに詰めておけば、手で押さえるとドアに馴染むので、隙間風が防げます。置いているのを忘れているとつまずくので気をつけてね!
(岡山県・50代・女性)

■特別なことはしていません。家族が別々に部屋でおのおのが暖房機を使用するのではなく,できるだけひとつの部屋に集まること,お風呂は続けて入ること,部屋の中でも重ね着をすることなどです。これだけでも結構な省エネ,節約になっています。
(東京都・40代・男性)

■冬になると窓から寒気が入ってきて、窓のそばは特に寒く感じます。そのため、窓の内側、カーテンの外側に透明のビニールシート(テーブルクロスに使うような物)を張ります。それだけなのですが、窓からの寒気が遮断され、また断熱効果もアップして暖房の効率もとても良くなります。透明だから日差しの問題も全くありません。
(和歌山県・40代・女性)

■日中はカーテンを開け、日光を極力取り込みます。部屋が温室のようになり、暖房が要りません。夕食は鍋物にすると、自然と温かくなります。暖房器具は、なるべく使いません。食事をして、お風呂に入ったら、湯冷めする前にさっさと寝てしまいます。
(広島県・30代・女性)

■普段から薄着をして、身体を鍛えているので、服も少なく、暖房もあまり使わないですんでいます。外出は出来るだけ自転車で。最初は寒いけど、ぐんぐん自転車を漕ぐと、すぐに身体の芯からぽかぽか。ちょっとした所に着く頃には、かるく汗をかくくらいです。健康にも、環境にもいいですね。
(三重県・40代・男性)

■一番は「湯たんぽ」です。お湯を入れた湯たんぽは朝まであったかく、毎日寝る時も暖房要らずですし、電気代もかかりませんので経済的です。あとは「ブランケット」。少し寒いときでも肩からかけておけばあったかく、スカートなどをはいているとき、足が寒くなるときはブランケットをひざにかけて使っています。暖房をつけなくてもブランケットがあたたかいので、電気代がすこしでも安くなります。
(大阪府・20代・女性)

■1.窓に冷気カットのシートを貼っています。窓ガラスの結露も大幅に減るので毎朝のぞうきん拭き取りも大幅に減り、ぞうきん洗いも減るので水道代もカットできていると思います。2.二重レールの内側のカーテンは、両端を巻き込むなどして隙間から冷気が入るのを防ぎます。3.日が暮れたら窓にダンボールを立てて冷気を防ぎます。それ用の商品もありますが、人に見せるわけじゃないので経済的重視で(笑)。4.足首を温めると意外なほど体が暖かくなります(足首ウォーマー)。外出時はマフラー・手袋着用が必須です。
(神奈川県・40代・女性)

2009年 2月 「いいこと活動」投稿の一部をご紹介

■『マイ水筒&マイカップ』持参活動。仕事中或いはその休憩中に飲み物は欠かせませんが、その際の缶・ペットボトル、紙コップなどのゴミがどうしても出てしまいます。社内での”飲み物関係のゴミ”をなくすため、私の会社では上記の活動を推進中です。各自のデスクには大きさも様々な水筒やマグカップが並ぶのでそれをもとに新たな会話も始まったりもして、新たなコミュニケーションツールにもなってます。圧倒的にごみが減ったので会社が契約している業者への料金もかなり軽減されたようです。
(神奈川県・30代・男性)

■一人ひとりに出来る事は小さな事だとは思いますが…街に花や緑を増やす運動があれば、参加してみたいと思います。緑化で、二酸化炭素を少しでも減らすだけではなく、私たちの心を癒してくれますよね。
(兵庫県・30代・女性)

■まだまだ「ゴミのぽい捨て」を平気でする人が多くて大変に困ります。家の門に、他人の飲み残したペットボトルや空き缶が置いてあるのを見つける度に、カチンと頭にきますが、そこをぐっと堪えて、きちんと濯いでリサイクルに出しています。自分の後始末を自分で出来ない、モラルを守れない人への意識改革を促す活動があれば、ぜひ協力したいです。
(東京都・40代・女性)

■家の周り100メートル四方くらいに落ちている空き缶などは拾って帰り、自宅で分別し回収日に出しています。路上にポイ捨てできる人の気持ちがわかりませんが、美観もよくなるし、捨てた人の保護者になった気分で拾っています。
(山形県・40代・男性)

■会社の単身赴任者メンバー+独身者で、カーシェアリングをしています。3人で1台程度。時折、車を持っていない、家族ごと転勤してきている奴にも貸しています。もちろん、事故や故障は個人責任です。
(徳島県・40代・男性)

■生ゴミを出さないようにしています。庭があるので、生ゴミは土に埋めています。それだけでも、かなりエコな活動だと自分では思っています。
(千葉県・40代・女性)

■ブラックバスやブルーギルといった北米産の大型肉食魚の放流により、日本の生態系は危機に瀕しています。特に日本固有の、そして、魚類学上でも世界に例を見ない特殊な魚類生態系と固有種をもった琵琶湖は、まさに大ピンチという状態になっています。私は琵琶湖での外来魚駆除活動に参加することにより、琵琶湖固有種の大切さと外来魚の無配慮な放流による生態系破壊の深刻さを啓蒙しています。
(高知県・30代・男性)

■家に太陽電池パネルを取り付けてみたいと以前から考えているのですが、取り付けのためのコストや工事の面倒さからつい及び腰になってしまい未だに付けられず仕舞いです。そこで太陽電池パネルの設置とその発電および施設の管理・保守そのものを事業として運営し、個人や企業がその株式を保有することで支えていくというような事業活動があれば参加してみたいです。
(京都府・30代・男性)

■東京に67%の森林があることをご存知ですか。我々は森林の育成に東京の山林の枝打ち、間伐の行っています。ご多分に漏れず人手不足です。興味ある方はお手伝いいただけませんか。
(東京都・50代・男性)

■自転車シェアリング、などどうでしょう?カーシェアリングの自転車版です。すでに自転車を共有している国もあるとか。我が国でいえば、自転車の駐輪場を有料化しているとか、私に言わせればおバカですよ、そんなものは。無差別乗り捨てだけ気をつけた法整備をして、自転車を使う人に、お金を払わせるのではなく、逆に税金から報奨金を支払うべきだと思います。EUから二酸化炭素排出量を買うお金があるのであったら、そういう支出くらいできるはず。百円未満でもいいのですから。
(福岡県・30代・男性)

■仕事を辞めてから地域の広報に目を通すようになり、自分の住んでいる街でも様々な活動をしていることを知りました。とりあえず、これまでゴミとして捨てていた要らなくなった陶器や服を市の回収日に持ち込むことにしました。これから少しずつ自分にできることを増やしていこうと思います。
(埼玉県・30代・女性)

■市より助成金をもらって生ごみ処理機を購入しました、加熱して乾燥させて庭に肥料として植木や花に使い生ごみを土に戻すという身近なリサイクル活動です、あまり違和感なく使えて庭にも良いのでいやな思いも無く自然に楽しく使えてます。
(兵庫県・60代・男性)

■職場でペットボトルのキャップを分別回収し、JVC(世界の子どもにワクチンを 日本委員会)に送っています。
(神奈川県・30代・女性)

■日本の森林が荒廃していると聞きます。枝打ちなど森林の保全に役立つボランティアがあったらやってみたい。
(兵庫県・40代・男性)

■勤めている会社のエコ活動の一環で、エコ手帳をつけて、一日一エコを心がけています。金額効果の大きいものは、社内報に載ったりします。
(北海道・20代・男性)

■信号の変わる時間の長い交差点でも、あまりアイドリングストップをしている車を見かけません。アイドリングストップをやっているよとわかるようにすると、追随してくれる人も生じるかもと思って、ウィンカーや、ワイパーの止め位置など、見る人が見れば、エンジンを切っていて、いま、かけたなとわかるような工夫をしています。
(東京都・40代・男性)

■使い捨て容器を無くそうという運動は共感できます。今やゴミを捨てるのも有料の時代、リサイクルできる物はリサイクルし、リユースできる物はリユースする。自分の近くのお店でも、実施している場所があればぜひ参加したいと思います。
(兵庫県・30代・女性)

■子どもを布オムツで育てました。その延長で、私も布ナプキンを使うように。使ってみて、良さが解り、なぜ今まで知らなかったのか、誰も教えてくれなかったのかと思いました。布オムツと布ナプキンの普及に力を注いで行きたいと思っています。
(神奈川県・30代・女性)

2009年3月 「いいことヘルス(健康)」投稿の一部をご紹介

■わかっていながら実行されていない方も多いですが、エコな生活の基本は食材を無駄にしないことですね。冷蔵庫の中のものは食べつくす、言い換えれば使い切るということです。例えば大根は葉付きのものを買って、葉は漬物や味噌汁の具、つくだ煮風に炒め煮にしたりとかして使いきり、根元の小さい葉は水を張ってつけておき、葉が大きく育ったらまた利用できます。ちょっと手を加えるだけで美味しくてエコで健康にも良いと思います。
(茨城県・60代以上・女性)

■自動車通勤を自転車通勤に変えた。通勤手当は500円減った。自動車保険代は5000円節約になった。毎日適度な運動ができるようになった。ガソリン代も減った。CO2排出も減った。
(福島県・40代・男性)

■基本中の基本だとは思いますが、歩くことですね。電車で2~3駅分、長くても1時間ぐらい歩きます。CO2排出はもちろんゼロ。デスクワークの多い仕事ですが、血の巡りが良くなってストレス解消にもなりますし、ご飯もおいしくいただけます。(ちょっとしたカロリーオーバーでも平気?)のんびり歩くと心にもゆとりができるようになります。これから花の季節でよいのですが、花粉症の私には少しつらいかも。
(神奈川県・40代・男性)

■区民農園借りています。極力、農薬は使用しないように、ベタガケシートなどを使い、6月頃からは旬の野菜を堪能しています。小さい面積でも、結構力仕事もあり、全身運動。夏は、もぎたてのキュウリを囓り、のどの渇きを癒やしながらの作業。うちで出た生ゴミも、堆肥として使っています。運動、エコ、安全な野菜!!どうです、いいでしょう?
(東京都・60代以上・男性)

■夫婦2人暮らしですが、野菜を購入する時は出来るだけ切っていないものを選びます。切っていない方が割安。キャベツ・白菜・大根等なら日持ちがするし、捨てる部分も少ないので毎日色々アレンジして丸ごと食べてます。必然的に野菜をたくさん食べるようになったし、体にも家計にもいいと思います。
(富山県・30代・女性)

■1キロ圏くらいの範囲のところへ行くときは常に徒歩か自転車を利用するようにしています。日ごろから冷暖房は控えめにして、CO2の排出量も少しでも少なくできるよう努力しています。そのためには、太陽と共に行動するのが一番。適度な運動、体温調節ができるようになって、結果として、健康にもいい効果がでているようです。
(埼玉県・30代・女性)

■私の県は道路以外の交通機関が発達していないので、家に、大人の人数だけ車があるようなところです。しかし、私の家庭では車一台主義をつらぬき、主人の転勤には全員でその職場の近くにお引っ越し。普段は主人は歩いて出勤。私も普段は子どもを2人連れて、歩いてお買い物や散歩をしています。健康に良いことはもちろんのこと、しばらく車を使わないと、経済的にも精神的にも負担がとても軽いです。季節の変わり目や空気感を子どもと感じながら、生活しています。
(大分県・30代・女性)

■最近、食事は、大きな1枚の皿で全て済ますようにしています。というのも、洗うときに水をそれほど使わなくて済むからです。エコかつ節約です。さらに、いままで全くしなかった皿洗いもカミサンに代わってするようになりました。体を動かして健康にも気を遣っています。
(愛知県・40代・男性)

■早寝(なかなか出来ませんが)早く寝れば余計な電気代も使わないし、お肌にも良い。
(神奈川県・30代・女性)

■毎夜就寝前に腕立て伏せや腹筋運動を取り入れたサーキットトレーニングを行なっています。体型を保っていれば無駄な洋服代もかからず、昔のものでも着まわせちゃったりします。これも立派なエコですよね?
(神奈川県・30代・男性)

■食事前にキャベツ(1/6)をぼりぼり、おかげで長らく続いた胃痛も止まり体重も減って一石二鳥です。キャベツも安くて家計にもやさしいです。
(東京都・50代・男性)

■平日→早寝早起きで余計な電気をエネルギーを使わず、規則正しい生活でエコで健康美容にもいい生活。休日→夏冬は家にいないようにして、冷暖房などを節約。移動手段も徒歩か電車、行き先は定期圏内か図書館などで節約にもなっていいですよ。
(神奈川県・30代・女性)

■ベランダでミニ家庭菜園。プチトマト、茄子、葉野菜などなど。買わないから包装ゴミも出ないし、農薬を気にしなくていいし、毎日野菜が食べられて健康にもいいと思う。
(愛知県・30代・女性)

■ジョギングです。毎週日曜日の朝、公園かた川の堤防周辺をマイペースで走ります。コースはその時によって少し変えます(今日は1本手前を曲がってみようとか、少し遠回りしてみようとか)。
(北海道・40代・男性)

■「折り畳み自転車」を大いに活用しています。ちょっとした雑用でも使っていますし、土・日は筋力維持と生活習慣病予防のために1日3時間程度ツーリングしています。全身運動なので程よくカロリーも消費します。遠出する時は、折り畳みなので自動車に積んで、自動車は駐車させて極力、自転車で目的地周辺を移動しています。折り畳んで家の中に収納するので、雨にもあたらず汚れません。ヘルス・エコともに最適です。
(埼玉県・50代・男性)

■粗食です。和風を中心に食事に気をつけています。色々な情報が散乱しているので、難しいですが、調味料は安いものより、きちんとした製法で、寝かしたもの?というのでしょうか?そのようなものを使って調理します。実際に高いので、無駄遣いもせず、大切に使うし、体にもいいので、医療費にも影響がないような気がしますが・・・・。
(福岡県・30代・女性)

■無洗米を使っています。まず、おコメをとがないで、そのまま使えるため、排水の節約になるのが、地球に優しいと思います。そして、洗うことで大事な栄養を損なうことなく食べられるため、健康に良い。忙しい家事の、時間短縮で、心に余裕が生まれるのもうれしいです。
(東京都・40代・女性)

■ちょっとした掃除だと、掃除機を使わず、箒で掃除。新聞紙を湿らせて撒いてホコリを立てずに掃き掃除。体を大きく動かすので軽い運動になり、体によいのと、電気を使わずエコ。拭き掃除も古くなったタオルや、シャツなどを切って籠に入れておき、汚れを見つけたら重曹とクエン酸で拭き拭き。強い洗剤を使わないので、手や体に優しく健康と、エコを両立。
(埼玉県・50代・女性)

■コピー取りなどを人に頼まないで、自分で行うことによりこまめに動くこと
(東京都・40代・男性)

■健康には、食事と運動です。皆さん!食事は三食きちんと自宅で家族と一緒に食べていますか。きちんと食べて、後は運動。特別に運動しなくても、駅までしっかり歩く、エレベーターやエスカレーターは使わずに階段をしっかり歩く。この二つを行えば健康は間違えなしです。
(東京都・60代以上・男性)

2009年4月 「いいこと宣言」投稿の一部をご紹介

■私のエコは「歩く」ことです。時間があれば健康に、お財布にもよいので続けています。「エコ」って最近その美名のもとに費用対効果の点からあきれるようなエコ提言も多い気がします。ごまかしエコでなく、無理なく、そして多少の努力がきちんと報われる合理的なエコじゃなと長くは続かないのです。自分なりに見極めてエコ(いいこと)に努めたいです。
(北海道・30代・男性)

■コンビニの駐車場で買い物を待ってる間の車のアイドリングや、駅まで人を車で迎えに行って待ってる間のアイドリングをやめようと思ってる。暑さ寒さがひどいときは無理かもしれないけど、音楽を聴くためだけにエンジンをかけてることもある。これからはそんな無駄なアイドリングはやめる。
(大阪府・40代・男性)

■今年はヒートアイランド現象のことも考えて(ほとんど1人では大したことは全くといってできないのですが)、夏向けの植木や草花を例年より2プランター(又は2鉢)増やす予定です。また我が家のベランダーにバケツをおいて、雨水利用(で植木に水やりの足しに)をしてみようと思います。
(兵庫県・40代・男性)

■エコバッグの持参ですね。もう当たり前のことなんですが、ちょっとした買い物だと忘れてしまうことが多いです。またコンビニなどだと恥ずかしくて使えないときもあります。でも環境のことを考えるとどんな場面でもいつでも使えるようにしておいたほうがいいかな、と思って今後は実践したいです。
(神奈川県・30代・女性)

■毎年ですが、「今年はエコで」とか、「環境に優しく」等と誓いながらも、こまかい所ではゴミの分別が面倒になって、たまに分別しないままで出してしまったりとか、後々で後悔しています。今年こそは「地球のため、人類のため」と大きな目標を見失わずに、最後までエコることを誓います。
(北海道・30代・男性)

■わたしが目指すエコは『食べ残しを減らす』です。1つはもちろんうちの家計のためですが、食べ残しをすることは環境のことを考えても、あまりいいことではありませんよね!冷蔵庫にいつまでも食べ物が入っている(しかも 賞味期限の切れたモノ!)とギュウギュウに他の食べ物を詰めることになって冷蔵庫の電力を余計に消費します。そして、食べ残しを減らせば 買い物のときにでるトレーやビニール袋などのゴミも減ります。食べ残しや賞味期限の切れたものは、また、当たり前ですがゴミ箱行きで、集められて処理をするのに余計にエネルギーがかかります。わたしは、世界のエコは家庭のキッチンから協力したいです。
(大阪府・50代・女性)

■野菜を食べない息子のため、ベランダで野菜を育てようと思っています。花に水遣りをするのが好きな息子。自分で育てれば愛情を持つだろうし食べてくれるかも。緑を少しでも増やす事は地球にも良い事ですね。
(神奈川県・30代・女性)

■モノを捨てること。家中モノであふれている生活から決別しようと思います。部屋の掃除でも、部屋にものがあるのと無いのでは掃除機の電気代が違うというのを聞いて、シンプルな生活を目指します。必要なモノは、長持ちする物を買うように。
(北海道・50代・男性)

■子供の紙おむつをやめて、布おむつにしようと思っています。可燃物のごみの量も減るし、家計にもエコ(笑)たしかにめんどくさいかとはおもいますが、いまは布おむつも紙おむつみたいにいろんな絵柄がついていておしゃれなんですよ。エコバック同様、習慣にしてしまえば楽にもなるかな。これから暑くなるから洗濯ものもよくかわくしね。
(愛知県・30代・女性)

■「欲しいものは買わない。必要なものを買う。」でも、なかなかむずかしい・・・
(千葉県・40代・女性)

■シャワーの出しっぱなしをやめます。エコには興味があるものの、あまり自分では何もできていないことが気になっていました。これを機に頑張ってみます。
(大阪府・30代・男性)

■規則正しい生活に戻ります。(これまで毎日不規則な生活をしていました。寝坊して朝飯は食べられない、昼飯はハンバーグと牛乳、夕飯は飲み屋のおにぎりとラーメンなんて生活をしていたので、健康診断で糖尿病と言われてしまいました。あと10年は生きていたいので、これまでの悪い習慣を直して規則正しい生活をします。)
(神奈川県・60代以上・男性)

■禁煙それしかない
(兵庫県・50代・男性)

■太陽光発電を設置しようと思っています。初期設定費用に結構かかりますが、長い目で見ればかなりのエコになると思います。今は、初期費用をせっせと貯めています。
(愛知県・30代・女性)

■新年度が始まり、私はいいこと宣言します。その一、マイ箸を持ち歩くこと。割り箸を作るためには木を伐採しなければいけません。みんなが割り箸を使うことをやめれば、森林伐採も必要がなくなり、地球の温暖化を防ぐことが出来ます。また、家で割り箸を使う場合でも、一度使ったら捨てるのではなく、洗って何度も再利用します。みんなの少しづつの努力が地球の環境を守ることにつながります。
(山口県・20代・女性)

■まず、もうすぐ引越が会って電化製品を買い換えなくてはいけないので、省電力やエコのためになる製品を選ぼうと思っています。その後は、なるべく無駄な電気を使わない!資源を無駄にしない!と思っています。
(兵庫県・30代・女性)

■洗顔というと石鹸や市販の洗顔料を今まで使っていましたが、水で洗い流す時にいつも思ってました。「この泡は自然に無害なのかなあ」と。そこで、たまたまスーパーで見かけたのが「こんにゃくスポンジ」これで優しく肌をマッサージするだけで汚れや古い角質が取れるというもの。これだと泡を洗い流す必要がないので早速購入しました。洗顔料で肌負けしていた妹がこれを使って肌が落ち着いてきたそうです。環境にも肌にも優しいので、ずっと使ってます。
(福島県・40代・女性)

■空き瓶や空缶をリサイクルするといっても、再利用には相当のコストがかかります。牛乳のように健康に役立つ飲料は別にして、ほとんどの飲料は嗜好品。水で代用できるものばかりです。ましてやアルコールは自らの身体・精神を侵すばかりでなく、飲酒運転をはじめとして他者に甚大な被害を及ぼす可能性があります。これまで自宅で浴びるほど缶ビール・発泡酒を飲んできましたが、今後この悪癖を断つことを誓います。完全には無理かもしれませんが少なくとも冷蔵庫に買い置きはしません!ゴミ出しの日が楽しみです。
(香川県・40代・男性)

■洗髪シャンプー、食器洗剤等の買い置きは詰め替え用で。風呂の残り湯でお洗濯。使用済み洗濯液で汚れた納豆のパックやスーパーの肉や魚のトレイの発砲スチロール製、プラスチック製のゴミ、牛乳パックを洗浄し、プラスチックと紙のリサイクルでのゴミ分別。エコバッグ利用でレジ袋削減。
(神奈川県・40代・女性)

■生活排水について人間にとって欠かせない水を大切にしていきたいです。
・食器を洗う前に油汚れなどをふき取る
・油をやむを得ず捨てる場合は、新聞紙に吸い取らせる
・髪の毛は排水口で細かいネットでキャッチ
・食べ残しはしない
(茨城県・30代・男性)

2009年 5月 「いいことビジネス」の一部をご紹介

■この頃あちこちのサイトで見かける、『リーフバンク』には大賛成でなるべく協力するようにしています。
ネット生活には欠かせない『検索』行為がCO2の削減、ひいては地球温暖化対策につながると言うことで、積極的に活用するようにしています。
(福島県・40代・男性)

■ワコールが不要になった下着を引き取って産廃として処分してくれるらしい。ワイヤーはリサイクルに、布地は燃料として再利用されるそうです。
(東京都・30代・男性)

■屋上緑化。屋上に緑(木々など)を増やすことによって、ヒートアイランド現象の抑制が出来る。都市部は年々気温が上昇して過ごし難いし、地球温暖化も削減されると思うので。
(東京都・50代・女性)

■大阪に「おもちゃ病院」というのがあります(サイトもあります)。私はテレビで見たのですが、部品代はいる物の、ご高齢の方たちが無償でボランティアで行ってらっしゃるようです。子供に物の大切さや、壊れたからといってすぐにゴミになるわけでないと教える事ができ、その後も大切にしてもらう事によってエコの精神を養う事につながるので、大変良いと思います。
(奈良県・40代・女性)

■賛同できる、エコ関連ビジネス「エコセメント」。
ゴミの焼却灰をセメントにしちゃう画期的なプラント。
今迄、可燃ごみを焼却した後の灰は、埋め立てるしか方法が無かったのだが、セメントにしちゃう事によって、後には、何も残らないのだ。こんなエコ関連ビジネスがあったらイイな。不法投棄者(社)の罰則は、罰金の他に「社会奉仕」を義務付け。例えば、条例で、歩行喫煙禁止場所での喫煙に「罰金」があるが、それに加えて「社会奉仕」もさせる。その内容は、道端の吸殻拾い一時間。また、不法投棄者には、「罰金」の他に、「社会奉仕」として、ゴミの分別一週間。
こうすれば、「金払えばいいんでしょ。」と言う人の認識も変えられるし、街も綺麗になると思うんだけれど。
(東京都・40代・男性)

■早急に推し進めてもらいたいことは、今、世界的に注目されている太陽光発電システムです。なんと言っても火力や原子力のように、燃料が必要なく、廃棄物も出ない、とてもクリーンなエネルギーと言えます。もちろん推進していくうえで様々な課題があるでしょうが、悠長なことは言ってられません。今はじめなければ、ますます地球は汚れていってしまいます。官・民ともに最大限の努力をして欲しいものです。
(栃木県・50代・男性)

■新しいハイブリッドカーの「インサイト」を出した「ホンダ」が、よくがんばったと思う。価格競争力を生み出してくれたので、トヨタのプリウスの値段が下がったし、どんどん環境を考えた車が出てくればよいと思う。
(神奈川県・30代・女性)

■ヨーロッパから世界に広まり、最近ようやく日本でも認知されつつある「カーシェアリング(自動車の共用)」
何台かの自動車を、必要な人が必要な時に共同で使用することにより、交通量や排ガス量を減少させ、大気汚染防止や温暖化防止等の環境保護に役立っているようです。これなら歩いて数分のコンビニに行くために自動車を使うこともないでしょうし、維持費や駐車場の事を考えると、利用者にも大きなメリットがあります。まだ日本ではあまり普及していないようですが、早くこれが当たり前になるようになってほしいですね。
(青森県・30代・男性)

■容器にデポジット制が採用され、空き缶・空きびん・空ペットボトルを有料で回収するビジネスがあれば、ポイ捨てがなくなってきれいな街並みが実現すると思います。
(大阪府・50代・男性)

■家具、家電のレンタルサービス
引っ越しなどでいらなくなった家具・家電を低価格で引き取ってもらい、修繕し、レンタルするサービス。
大学生など、数年間使用して捨てるのは勿体無い。リーズナブルだし、環境にも配慮していると思います。
(奈良県・30代・男性)

■小規模では無理ですし、個人では不可能ですが、すばり「都市鉱山ビジネス」を、国は率先して行っていただきたい。
我々が、日常使っている家電や自動車で、年式の古い物には、レアメタルと呼ばれる希少金属が多量に使われています。
無論、携帯電話のレアメタルは有名ですが、テレビ、エアコン、冷蔵庫、自動車に至るまで使われており、その量は、国内に在る分だけでも、世界の埋蔵量の6割を占めるのもあるそうです。それを効率よく回収すれば、採掘や運搬時に出る二酸化炭素削減にもなります。
国内でリサイクルすれば、資源の無い日本でも資源大国なのです。
(兵庫県・50代・男性)

■沖縄では鬼ヒトデの大発生が続き貴重な珊瑚が食い荒らされて困っています。
県からも補助金が出て駆除にあたてもいますが追いつかず珊瑚絶滅の危機です。
そこで大学の研究室等で鬼ヒトデの有効活用を研究できないものかと考えています。
利益に繋がれば業者がこぞって集めてくれるものと期待してます。思わぬ薬効成分が含まれている可能性もあります。
珊瑚はCO2を吸着して温暖化抑止に一役買ってる貴重な生物です。みなさんの御知恵を借りたいです。
(沖縄県・40代・男性)

■ユニクロや高島屋が行っている衣料品回収サービスは良いと思います。
お店に持って行けば、リサイクルや寄付に分別されるということです。家のタンスの肥が減るのもうれしいし、なんかいいことに協力していると思うと気分がいいから、「お店に行こう!」という気持ちになります。企業としては、いかに集客するかが狙い目なんだろうけど、特売チラシよりも、有効かつ素敵だと思います。
(神奈川・40代・女性)

■家庭ゴミの収集有料化。
タダだと思うから、何時まで経ってもゴミが減らないのです(実際は、税金で払っているのですが)。有料化することで、「ゴミを捨てるのにお金がかかる」ということにより現実感が出て、「ゴミを減らそう」「余分なものは買わないようにしよう」「使い捨ては止めよう」という意識が高まり、「ごみ焼却によるCO2の減少」「埋め立て処分場不足の解消」「埋め立てによる環境汚染の減少」などにつながります。
(神奈川・30代・男性)

■シブカサ:http://www.shibukasa.com/index.html
学生が主体で始めた傘のリサイクルプロジェクト。
まだ知名度は低いけど、大量にある捨て傘を使うなんて、さすがだなぁ、と思うばかりです。
今後もこういうエコビジネスが活性化して欲しいですね。
(東京都・20代・男性)

http://www.cocacola.co.jp/corporate/company/live_positively.html
 ↑日本コカ・コーラ
「市場」「環境」「社会」「職場」、この4つの領域で7つの分野において、重点的に取り組んでいる
(大阪府・40代・女性)

■滋賀県の消防団員の方が、穴が開いて使えなくなったホースをバッグにして販売しているそうです。
ホースで作っているので完全防水で丈夫ということもあって人気だそうです。
実用的なリサイクル商品が、他にももっと増えるといいと思います。
(兵庫県・30代・女性)

■名古屋のテレビ番組で何度か紹介されたのですが北名古屋市にあるロピアというスイーツの工場では毎日作るときにできてしまう規格外のスイーツ製品を”アウトレットスイーツ”として毎日販売しています。クリームが多すぎるシュークリームとかは非常にお得です。
捨てるのはもったいない、客側は安く買えて満足、メーカーもお金になって助かる。いいエコビジネスだと思います。
(愛知県・30代・男性)

■中国の黄砂が飛ばないために植物を植えて、その実が出来たら売るという商売を中国の人に指導している、大阪の中国帰国子女の30代の男性社長をテレビでみました。日本と中国の架け橋になるようにとすばらしいことだと凄く期待しています。
(大阪府・40代・女性)

2009年6月 「いいこと暑さ・梅雨対策」投稿の一部をご紹介

■夏の暑さ対策はやはり昔ながらの方法が一番!先ずは、風鈴で気持ちを和らげ、御簾をし、自然の風を最大限利用。そして、午後は雨水やお風呂の残り湯(水)で打ち水をします。梅雨は家庭菜園の植物にとっては重要な時期。美味しい作物が出来ると思うと苦になりませんよ。
(福岡県・30代・男性)

■夏は暑さ対策として、遮光遮熱カーテンを使っています。そのカーテンを使い始めてから、エアコンをあまり使わなくなりました。
(埼玉県・30代・女性)

■アイスノン暑い日に頭を冷やすと気持ちいいから。冷蔵庫で冷やすだけで何度でも使えるので、エコで経済的。
(高知県・40代・男性)

■クーラーをつかわなくても、扇風機の前に凍らせたペットボトルを置き、風をあてると涼しい風がきます。エコですし、体にも優しいと思います。
(大阪府・30代・女性)

■風鈴を使ってます。クーラーが嫌いってこともあるんですけど、クーラーは控えめにし、夏は窓を開けてすごすようにしています。窓辺に風鈴を吊るしておくと、室内に風が入るたびに「リーン」と音が鳴り、気分的にも涼しくなります。そうやって私は夏を感じています。
(茨城県・30代・男性)

■夏場は、夜、蒸し暑くて、大変寝苦しいですが、そんな時は、氷入りの水枕をして寝ます。大げさに氷まで入れなくても、井戸水の水枕は冷たくて、エアコン無しで、熟睡できます。夜間、エアコンを使用しなくてすむので、これこそエコライフだと思います。
(茨城県・40代・男性)

■とてもせこいのですが、保育園に務めているため、暑い日は当然汗をかきます。帰りに着替える時に汗取りシートで汗を拭いて着替えるのですが、その時ゴミが毎日出るので何とかならないかと考え、自宅からタオルを持って行き、着替える時に水で濡らしたタオルで拭いてジッパー付きの袋に入れて持って帰ります。濡れたてのタオルで冷たいので気持ち良いし、ゴミにならないし、一石二鳥です!
(千葉県・30代・女性)

■タンスの中にポプリです。湿気も取ってくれるし、いい香りが収納した衣類にもついて着用した時ほのかに香ってくれます。除湿剤とコロンの二役をこなしてくれています。
(長野県・50代・女性)

■去年、暑さをしのぐために首に巻いてひんやりさせるグッズが流行りましたが、私はそのグッズは買わず、代わりに、普段から冷凍庫にいくつか保存してあるケーキ屋さんなどで入れてくれる保冷剤をガーゼタオルなどで首に巻いて利用しました。
(奈良県・60代以上・女性)

■夜寝る前には、ぬる~いお湯にゆっくりとつかる事で、汗をかかない入浴を行っている。湯上りも暑くないので、あせもそんなに出ないし、ぬるいお湯に半身浴を長めにすると、血行も良くなるし、美容にも良さそうだから。
(宮城県・30代・女性)

■ゴーヤを育てて緑のカーテンを作っています。成長が早いので、5月頃に植えれば、盛夏には立派な日差し除けになります。ちゃんと肥料をやれば実も大きくなって食べられます。お米のとぎ汁を水やりに使えば、さらにエコです。
(大阪府・40代・女性)

■梅雨に入ると、どうしてもカビに悩まされます。壁の漆喰も風通しの悪い所にカビが生えるので、高いカビ防止剤を買っていましたが、「アレですよ、アレ、トイレの消臭剤に銀が含まれているもの」これが案外効いたんです。安いし助かります。
(神奈川県・50代・女性)

■蒸し暑いのは、湿気のせいですよね。湿気取りをしましょう!市販のものでもいいし、除湿機もありますが備長炭はいいですよ。湿気取り・消臭もでき、インテリアにもすてきです。ぜひ、お試しください。
(兵庫県・50代・女性)

■鈴虫を数匹小さな肉厚の陶器(ここがミソ)の瓶に入れて寝室に置いて寝てます。漏れ聞こえる虫の声が涼しげです。ただ、虫かごやプラケースに入れて置いたり、何匹も置いて大合唱させたら余計暑苦しくなります。これで熱帯夜もクーラー代節約。
(高知県・30代・男性)

■1日の仕事が終わり帰宅した際、革靴に新聞紙をまるめて詰めています。乾燥剤や防臭剤もありますが、新聞紙は十分吸湿してくれるし防臭効果もあります。どうせ捨てる新聞紙なのでこうした使い方が有効利用にもなります。
(香川県・30代・男性)

■夏の暑さ対策として、キンキンに冷やしたスイカを食べて体温を下げています。スイカを1玉買ってきて、一口サイズにカットしてから丼鉢に4~5等分くらいに小分けして冷蔵庫で冷やし、暑い時に食べています。
(愛知県・30代・男性)

■昔、親父のステテコ姿にあきれていたものですが、今、親父の姿になってこりゃなんて快適と想うようになりました。うーん、日本の親父よステテコ姿はエコなのだ!
(福岡県・50代・男性)

■去年の夏、竹シーツを買いました。ひんやりして気持ちいいので、竹シーツの上にそのまま寝ています。いつも、クーラーが切れると寝苦しくて、夜中に目覚めて何度もクーラーを入れていたのが、竹シーツにしてから、朝までぐっすり眠れるようになりました。
(大阪府・40代・女性)

■風の通りを良くするように、窓を全開にしたり、換気扇を使用したりしています。また、窓の外にスダレを掛けて、室温を下げるようにしています。部屋では、敷きゴザを使用しています。エアコンは、設定温度をかなり高くして、扇風機と併用しています。
(大阪府・50代・男性)

■北海道に住んでいるので梅雨も夏の蒸し暑さもそれほど気にはなりません。北海道に梅雨はないと言われますが”蝦夷梅雨”と呼ばれる雨降りや曇りの日が続く期間があります。暑くはなくむしろ低温です。洗濯物が乾かず苦労します。ジーンズなどは筒干しにしたり洗濯物の間隔をあけたりして乾きやすくします。短い夏を快適に過ごすため、玄関に夏の飾り付けをしたり風鈴を下げたりして感覚から涼をとります。エアコンに頼らずに暑さを乗り切っています。
(北海道・40代・女性)

2009年7月 「いいことBOOK」投稿の一部をご紹介

[沈黙の春] レイチェル・カーソン 著 / 新潮社(投稿全34件)

■あまりにも有名。ちょっと古いですが、環境を語るうえでこれを忘れてはだめ。高校のときに生物の先生がいろいろな本を紹介してくれました。その時期に読んでおくべき本を紹介できる先生というのは、授業内容だけでなく身につくものが多いと思います。高校生でなくても読んで欲しい本です。
■化学物質による環境汚染を最初に警告した本としてあまりに有名です。もはや古典のなかの古典といってもいいかもしれません。いまあらためて読んでみると、圧倒的な先見性にただ驚くしかありません。人類は地球になにをしてきたのかと深く考えさせる作品だと思います。
■環境問題の古典とも言える作品。現在では文中にあるような危険な農薬は使われなくなったと考えられる。しかし、生産性や効率を重視し、環境を破壊している姿は決して変わっていない。自然と繋がっていることを自覚し、周囲に丁寧に向き合うことの大切さを感じる。

[不都合な真実] アル・ゴア 著 / ランダムハウス講談社(投稿全24件)

■環境問題がいろいろな方面で取り上げられている昨今、ある程度の情報は入ってきていると思っていましたが、この本を読んでまだまだ知らないことがたくさんありました。こうしている今もどんどん進んでいるんだということがみんなにも知ってほしいと思うので、ぜひこの本はお勧めしたいです。
■いわずとしれた元アメリカ副大統領の著作です。地球の気温データの変遷など数値で地球の変化を説明するところは勿論、説得力がありますが、氷河や森林の変化などを写真によってまざまざと見せられると、現在、この数百年という地球の歴史の中からみると非常に短期間の間に地球環境が物凄いスピードで変化しており、その原因は人類にあるということを痛感させられます。

[間違いだらけのエコ生活 「地球にやさしい」は本当か?] 武田邦彦 著 / 主婦と生活社(投稿全23件)

■テレビや新聞の情報が全て正しいコトが報じられているとは限らない!自分の生活の中で、できることから着手して少しづつエコな生活を広げていけたらいいなぁと考えさせられました。
■本当に今世の中でみんながやっているのはエコなのか?という疑問に答えてくれる本です。エコだと思っていたことがエコじゃなかったりとか読んでいて考えさせられます。同じ内容の本はいくつかありますが、語り口がわかりやすく読みやすいです。

[うちエコ入門] ペオ・エクベリ&聡子・エクベリ監修 / 宝島社(投稿全12件)

■夫婦2人暮らしで1カ月のゴミがサッカーボール1個!?信じられないし、何か裏技か特殊事情でもあるのか、とも思うけれど、なにか参考になることがかいてありそうな気がするので読んでみたいです。

[目からウロコなエコの授業] 立山裕二 著 / 総合法令出版(投稿全11件)

■自分では読んでいないのですが、友人がわかりやすい本だと言っていたので読んでみたいと思っています。環境問題に関する子どもの質問に著者の先生が答えるという形で書かれているそうです。地球温暖化やリサイクルなどの問題について興味を持っているつもりですが、自分がどこまで理解できているのか正直分かりません。そこでこのような本を読んで改めて環境問題への知識を高めて、今後の生活に役立てていきたいと思います。

[エコバッグ・ブック] 塚本太朗・赤木真弓/著 / 産業編集センター(投稿全10件)

■エコバッグを手作りしたいと思ってあまりないようなエコバックをみてみたいと思ったら、ドイツ中心のヨーロッパのエコバッグの写真などが充実している,写真集のようなこの本をみつけました。海外特有のデザインも日本にないような雰囲気も可愛いですし、つくる時のアイデアが結構湧いてきます。旅行にもいってみたいし、その地方の特色みたいなものが結構でているのでたくさん量もあるし、とても素敵な一冊だと思いました。エコバッグときくと,普通の目立たないバッグと考える人が多いみたいですが、楽しみながら,自然にいいこと、エコを実践するにはとても役立つ一冊です。

[環境問題はなぜウソがまかり通るのか] 武田邦彦 著 / 洋泉社(投稿全9件)

■私が今までテレビの報道などでエコロジーだと刷り込まれた情報が、ことごとく否定された衝撃の本でした。環境破壊は止めなければいけませんが、間違った情報で逆効果を起こしたのでは本末転倒です。この本に書かれた事をすべて信じるのではなく、疑問を持って取り組むことで意識は高まると思います。

[偽善エコロジー 「環境生活」が地球を破壊する] 武田邦彦 著 / 幻冬舎(投稿全8件)

■中京大の教授である武田氏の環境問題に関する本です。ちまたで行なわれている「エコ」の名のもとの「エゴ」を鋭く指摘しています。また、具体的な事例も多く初心者でも分かり易いです。別著 環境問題はなぜウソがまかり通るのか も目からウロコの情報が多く、とても面白いです。改めて環境問題を考え直すきっかけになります。

[地球のスイッチ] 世界一小さなエコ会議/監修 / ブルース・インターアクションズ(投稿全6件)

■地球温暖化を止めるスイッチがあるってホント?私たちのすぐそばに、CO2を削減できるスイッチがたくさんあることを教えてくれる絵本。見開きにイラストと大きな文字で身近にできることが描かれているので小さい子にわかりやすい。1つ1つは小さなことでも、一人ひとりの心がけが大事なのだと気づかされる様な本。

2009年8月 「いいこと風景」投稿の一部をご紹介

エスカレーターやエレベーターの無い映画館で車椅子の老人が階段を下りる時、周りの人たち数人で協力して降ろしている風景。
町や施設が便利なことは確かに大切ですが、手伝える人が率先して力を貸してあげれば、設置費や電気代などお金のことばかり気にして便利さを求めるよりも、ずっと気持が良いです。マンパワーは次世代エネルギーの有力候補かもしれません・・・。二酸化炭素の削減は地球環境を改善していますが、ちょっとした心遣いは身近な環境を良くしてくれます。
(東京都・30代・男性)

田んぼ
田んぼはお米がとれることはもちろん、ダムのように貯水機能があると聞きました。21世紀は水不足が深刻化すると言われているので、日本古来の暮らしにそった方法で、瑞々しい大地を保つべきと思います。,都会に住んでいると、土がまったくなく、周囲はすべてアスファルトです。地球が、厚化粧で皮膚呼吸できなくなっているような感じがします。
(大阪府・40代・女性)

海辺の風力発電装置
とりあえず風は無料です。海辺はほとんど一日中風が吹いているので、風の谷みたいにたくさん風車があるといいと思います。地元は台風が来るのであまり気軽に設置できないようですが。
(沖縄県・30代・女性)

コンクリートジャングルに、雑草が顔を出しているとき
私は雑草が好きです。抜かれても、嫌われても、それでもどっこい生きているたくましさに、ひかれます。ささやかながら、地球温暖化を抑止する光合成も、かいがいしくやっているんですよ。だから、見ようによっては、ヒーローなわけで。目にあざかかな緑を提供し、花をさかせているもの、葉の形が変わったものなど、バラエティに富んでいるのもいいです。あなたも、雑草にエコを感じませんか。
(埼玉県・40代・男性)

フリーマーケット
モノをすぐ捨てずに、使いたい人のところに循環させる仕組みだから
(千葉県・20代・女性)

簾や風鈴がかけてある家
最近はセキュリティーやプライバシーの問題もあって、閉めがちになってしまい冷房を点けている家が多いので。簾や風鈴をかけて自然風を入れているのはちょっとしたエコだと感じます。
(宮城県・20代・女性)

毎朝のお掃除
私はマンションに住んでいますが、周りには戸建てが多い地域です。朝、各家の方が家の前をお掃除しています。それも自分の家の前だけではなく、お隣さんの方まで。そのお陰で周辺はいつもきれいです。先日、パチンコ屋の店員さんが道をお掃除しているのを発見しました。かなり店舗から離れたところまでしています。日本中の方がこのようにすれば、日本はすごーくきれいなところになると思います。
(東京都・50代・女性)

雨水タンクの設置してある建物
雨水をただ捨てることなく、いろいろ活用できるのはとてもよいことだと思い、我が家でも設置しました。駅や公園など、公共の施設にもつければいいのにと思います。
(埼玉県・40代・女性)

飲食店で割りばしじゃない箸が出てきた時
割りばしは使い捨てなのでやっぱり良くないと思います。最近はそういうお店がすごく増えてきていいことだなぁと思います。
(青森県・30代・女性)

駐車場で周りの車が全てハイブリット車
以前はプリウスしか見なかったが、クラウン、エスティマ、インサイトと多種にわたり、需要があがったと実感した。
(愛知県・30代・男性)

オフィスの昼休みの風景
経営が厳しいということもあるのですが、昼休み中は電気を消している。パソコンのディスプレイも消すようになり、ほぼ真っ暗になる。室内にいるのであれば、寝るくらいしかすることがないので、体を休めるにはよい。室外にいるのであれば、暑い思いをしながら環境についての話もできる。結構、自然について考える時間ができていると思われる。
(滋賀県・30代・男性)

スーパーのリサイクル資源の回収場所
今までは簡単に家庭のゴミ箱に捨てていたものが、ちゃんと洗って分別されてかごに入れられている。この企画が出た時、きっとぐちゃぐちゃになるんだろうなって心のどこかで思ってた「みんなでやれば怖くない」って、こういう場面にもいい意味で使われてる。すごいな。
(富山県・40代・女性)

我が家のかぼちゃ
今年、我が家ではかぼちゃが取れました。実はこのかぼちゃは植えたわけではありません。自分の父親が植物が好きなので、肥料もかねて生ごみを庭に埋めています。そこから芽が生え、お店で売っているような立派なかぼちゃが6個もとれました。家では過去にこれ以外にもスイカができたりしました。こんなゴミからも再利用?できるとは(笑)ゴミの分別も大変ですが、なるべく資源を活用されるように、きちんとしなければいけないなと、改めて思いました。今日の夕食もかぼちゃが出るようです(笑)
(神奈川県・30代・男性)

近所の井戸水
水道水を使うのではなく、自然の恵みの井戸水を生活に利用するそんな気持ちがエコに繋がると思います。エコだけでなく、とっても美味しいし何倍も「いいこと」だと思います。
(長野県・30代・女性)

屋根の上が芝生や緑
テレビで拝見したのですが、自宅の屋根の上にある程度の土と芝生、そしてお好みでお花や実のなる植物を植えられていました。屋根の上に自然の緑があることで夏は涼しくなって、冬は暖かいそうです。冷暖房にかかるエネルギーが節約されるだけでなくて、緑が増えて 庭のもてないお家にも自然を身近に感じられるなんて素敵だと思いました。
(大阪府・20代・女性)

緑のカーテン
朝顔やへちまで緑のカーテンを作り、少しでも部屋の中の気温を下げようと地域で取り組みがされていて、上手にできているところは観るだけでも涼しげです。クーラーの温度設定もあまり下げずに済み、まさにエコな風景ですよね。
(福岡県・40代・女性)

今年の阿波踊り
今年の阿波踊りはゴミ分別をしたゴミ回収をしていました。きちんと分別ができていてお客さんのマナーも大変良かった。
(徳島県・30代・女性)

田舎の夏、ランニングシャツ一枚で汗をかきながら皆でスイカを食べている、そんな風景。
汗は体温を下げるための身体のクーラー、スイカは利尿作用もあり体を冷やす食べるクーラー。肩を出すだけでも体感温度はぐっと低下します。室内を冷やし戸外に熱を排出し、そのエネルギーを得るためにはCO2も排出して、季節感も失って…そんな矛盾よさらば、のエコ風景だと思います。
(福島県・20代・女性)

2009年9月 「いいこと秋の巻」投稿の一部をご紹介

Q1.秋にまつわる自然現象、味覚、植物、行事などで皆さんが体験したり、実践しているエコなエピソードやエコ情報とその理由などを教えてください。
Q2.上記エピソードや情報がエコである理由などを教えてください。

  • A1.秋といえば読書の秋ですが、私は本が好きで購入することも多いので、置き場所がなくなったり、もう読まなくなったりと本を処分しなければならないときがあります。そんなときは捨てるのではなく、近所の図書館に寄贈するようにしています。
  • A2.自分の本が別の誰かに読んでもらえるのも嬉しいですし、ゴミに出すこともないのでリサイクルをしているような気分になります。これもちょっとしたエコ活動かなと思っています。
    (女性・30代・北海道)
  • A1.秋は行楽のシーズン。紅葉もきれいなので、友人と簡単な山へウォーキングに出かけます。その時にはおにぎりを持っていくようにしています。朝早く、作るのは面倒と思うこともありますし、荷物にもなります。今はどこにでもコンビニがあるので、着いた駅でお弁当を買うこともできます。でも、ゴミを出さないために、おにぎりに決めています。もちろん友人たちも同じです。せっかく自然の中に出かけるのに、自然にやさしくない行動は取りたくありませんから。
  • A2.ゴミをだしません。
    (女性・50代・東京都)
  • A1.秋になったら、ベランダできのこの栽培をします。きのこ栽培セットを購入して、しいたけ・しめじ・まいたけと、数回収穫ができ、網焼きにして食べると、しいたけ嫌いだった子供も食べるようになりました
  • A2.数回以上収穫ができるので、コストパフォーマンスは最高です。その日に必要な分だけとるので、余りません。
    (男性・40代・東京都)
  • A1.子供の運動会、親兄弟や祖父母まで、一族郎党皆繰り出して、応援に協議に一日大忙しですが、素晴らしいのは、片づけは子供たちが皆で協力し合ってやること。そして、学校の中だけでなく、近所や近くの駅に至るまで、一斉にはき掃除をすること。これには感心、近所の交番のお巡りさんも笑顔で見つめていました。
  • A2.ゴミがもたらす異臭や廃棄物は、まとめてエコな焼却炉で一括焼却。これはエコですよ。
    (男性・40代・東京都)
  • A1.秋になると、ドライブを兼ねて、道の駅に立ち寄ります。そこで、市場に出さないが、生産者の名前も入った規格外野菜を買うのを実践しています。これの、どこがエコかと云うと、本来、廃棄される野菜、しかも野菜本来の姿なのに、いびつな形だと云うだけ売れない野菜を買う事で、農家に収益が入る上に、消費者も、安全で、旨い野菜を買う事ができる訳です。一度、例に買われたら、もう止められないと思います。これから、味覚の秋ですが、お薦めできると思います。
  • A2.本来、野菜と云う代物は、いびつな形な上に、成長が良い野菜は割れたりします。しかし、出荷できないと云う理由で、廃棄される事が多い。これは、非常にもったいない。それらを買う人々が増えれば、規格外とされる野菜も売れるし、しかも安い。これこそ、エコロジーと云うべきでしょう。
    (男性・50代・兵庫県)
  • A1.アメリカの国立公園を巡るたびに出発します。アメリカの国立公園には、とるのは写真だけ、残すのは足跡だけという有名なきまりがあります。野生動物にえさをやったり、ごみを散らかしたり、観光地特有の裏の部分がないと聞いています。
  • A2.季節は秋、地球をありのまま、自然のままに保つのが究極のエコ。秋のたびでそれを実践してきます。
    (女性・50代・東京都)
  • A1.小学校の芋煮会で、大きな里芋や人参、ごぼうなどの根菜やこんにゃくを、仲の良いクラスメートと一緒に作って食べたこと。そのとき、割り箸や紙皿などは使用せず、自分の家から全て持参し、ゴミも分別して持ち帰った。
  • A2.使い捨て用品を使わず、リサイクルできる食器を使ったこと。エコがブームになる10年以上前から、私の通った小学校ではエコ活動に積極的に取り組んでいた。
    (女性・20代・新潟県)
  • A1.毎年秋になると、団地の近くを流れている小さな川のごみ拾いが、子供会であります。川に入るのは大人ですが、子供はゴミ袋をもって川沿いのごみを拾います。1時間くらいやって終わりにジュースが貰えます。なぜ秋にやるのかは分かりませんが、恒例です。
  • A2.年に1回ですが、少しは川が綺麗になると思ってやってます。
    (男性・40代・岡山県)
  • A1.あまりに小さなエコで申し訳ないのですが我が家で実践している秋刀魚の食べ方を紹介します。スーパーなんかでは下ろされて調理するだけの秋刀魚を売ってたりしますが、我が家ではまるまる1匹の未調理の秋刀魚を選んで買います。調理のために三枚に下ろすのですが、その際に頭(えらは取る)、中骨、尻尾は捨てずに置いておきます。それらを塩コショウし、薄く油をひき弱火で1時間くらいフライパンににふたをした状態で焼きます。(たまにひっくり返して下さい)するとパリッパリの秋刀魚せんべいになります。ビールのツマミにも最高だし、骨ごと食べられるので子供たちにも好評ですカルシウムたっぷりでお勧めです。おためしあれ!
  • A2.捨てればゴミ、工夫して食べれば美味しい料理。食べ物を、命を大事にしたいものです。
    (男性・40代・沖縄県)
  • A1.食欲の秋です。涼しい季節に、おいしい食べ物も多く出回る季節。鍋、煮物などが食べたい季節です。圧力鍋で、料理をするようにしております。時間短縮でガス代節約、エコに多少貢献していると思うのですが。
  • A2.料理でガスにかける時間が短くなります。エコにつながるのでは、と思うのですが。
    (男性・50代・北海道)
  • A1.毎シーズンですが、夏から秋に変わる際の空気の匂いで秋を感じ、秋物の服をだすようにしてます。また、9月上旬は「夏の余韻」が残る時期でもありますが、時折寒さを感じる事もありますので、脱ぎ着しやすい衣装を一枚多く着ていますね。
  • A2.衣服の量で体温調節が行いやすい時期なので、気温の上下による暖房・冷房などが必要ないですよね。一年でも一番良い時期と思います。
    (男性・30代・千葉県)
  • A1.秋と言えばスポーツ、運動がしやすい時期ですよね。秋だからやるということではないですが、ちょっとした買い物(主に食料品)は自転車で嫁の代わりに行くようにしています。半径6Km以内ぐらいであれば問題ありません。時には店のはしごをして往復20Km近くになる時もあります。年も年ですから体力を維持する為、エコの為、節約の為にがんばっています。
  • A2.嫁はすごく面倒くさがり屋で車でしか移動しません。嫁に任せておいたらいつも、近い所でも車です。(なんだかんだ理由つけて)だから自分がガソリンを燃やさずCO2も出さない自転車でいくようにしています。
    (男性・40代・愛知県)
  • A1.福岡市民の森油山で、自然案内のボランテイア活動をしています。年6回の自然観察ハイキングを通じて”自然の大切さや自然との共生”についての解説や、地球温暖化が自然界に及ぼす影響などについて話をしています。
  • A2.最近の異常気象や温暖化の影響で、植物の開花時期がずれたり、結実しなくなるなどの自然界の生態系の乱れを体験してもらい、地球や自然を守る大切さを認識してもらう啓発活動をしています。
    (男性・60代・福岡県)
  • A1.「行楽の秋」ということで、お弁当を持って家族でピクニックに。お弁当箱を包むのは新聞紙。うっかり、おかずの汁気が出てしまっても新聞紙なら平気です。しかも、お弁当を広げる時には新聞紙がレジャーシートに早変わりします。
  • A2.古新聞を再利用して、包んだり敷いたりと何通りにも使うから。更に、使った後もシワを伸ばせば古紙回収に出せるから。
    (女性・30代・広島県)
  • A1.秋といえば行楽の秋。ここ数年は車の利用を極力抑え、できるだけ自転車や徒歩で移動することを心がけています。海や山に行くのが大好きなので、自然と触れ合うことで地球を守ることの大切さを実感しています。そこで散らかったゴミを目にし、悲しくなることもありました。その経験から、海岸の清掃活動などにはできるだけ参加するようにしています。ゴミのない自然豊かな場所で、行楽の秋を満喫するのが大好きです。
  • A2.車を利用しないことで、空気を汚す排気ガスを少しでも出さないようにしたいと思っています。海や山へ行くのは、自然と触れ合うことで、水や緑の有難味を実感できるからです。清掃活動という小さなことですが、人間の捨てたゴミで自分たちの住む地球を汚したくはないですからね。
    (女性・30代・徳島県)

2009年10月 「いいことレシピPartⅠ.[秋の食材]」投稿の一部をご紹介

/

しいたけのいしづきを使っただし醤油と炊き込みご飯
秋の味覚であるしいたけなどのきのこ類のいしづきを、切り落として捨てることを薦める料理本が多いですが、エコの観点だけでなく、栄養の観点からもこれらの考えには反対です。そもそも、しいたけの場合、軸(いしづき)は繊維質が多く、栄養があるのです。
別の料理に使用しなかった10本ぐらいの硬いいしづきは細かく切り刻んで小瓶に入れ、醤油やポン酢(醤油と米を混ぜ合わせたものでも可)、お酒を加えて冷蔵庫に保存しておきます。まず一品、干ししいたけの風味がよくきいた、だし醤油の出来上がり。

更に、一週間も漬け込めば、いしづきも細かく切り刻んでおいただけにかなり柔らかくなっています。いしづきは酢とお酒をいっぱい吸っているので、料理で熱を通すと更に繊維質が柔らかくなります。
ちなみに我が家では、これらのいしづき、だし醤油と、秋のほかの具財(栗、オクラを軽くゆでたもの)に鰹節、ちりめんじゃこ、にんじん等と、白米、十六雑穀をブレンドしたものとを炊飯器に入れて、「炊き込みご飯」をよく作ります。しいたけ、栗、雑穀の秋の味覚とオクラねばねば感がマッチした「旨いメシ」ができるのです。

これこそ、正真正銘のエコレシピーです。どうぞ、お試し下さい。
(男性・50代・東京都)

庭で取れた栗を使った栗ごはん(出汁に使った昆布も無駄にしません)
栗...10~15ヶ(大きさによってお好みで)
うるち米...1.5カップ
もち米...1カップ
昆布...10cm角1枚
酒...大さじ3
塩...小さじ1
ごま塩...適量

1.鍋に栗がかぶる位の水を入れて栗と一緒に強火にかけ、煮立ったら中火にして15分位ゆでて水に漬けます。
粗熱が取れたら表面の固い皮と渋皮をむきます。(渋皮は神経質に剥かなくても薄い皮なら残っていても大丈夫です)
2.うるち米ともち米を合わせ、洗ってザルに上げて30分以上置いておきます。
3.炊飯器に洗った米、酒、塩を入れ、普通に水加減をしてひと混ぜし、栗をのせ、布巾等で汚れを拭いた昆布を入れてスイッチを入れます。
4.炊き上がったら昆布を取り出し、粗熱を取ったらできるだけ小さく、細切りにします。
5.ごはんを全体に軽く混ぜて茶碗によそい、ゴマ塩と細切りにした昆布を振りかけて頂きます。(女性・40代・埼玉県)

何ちゃって松茸ご飯
松茸は高価なので代用として「エリンギ」を使用。「エリンギ」には独特な味は無いけど歯ごたえがあるので、普通混ぜご飯?作る様に、ジャーにエリンギ・醤油・その他(ご家庭でのレシピ)の調味料・食材を入れ永谷園のお吸い物の素を人数分投入。
松茸その物は味というより歯ごたえ・香りを楽しむものなので破格のお値段で「何ちゃって松茸ごはん」の出来上がり!
(男性・40代・広島県)

サトイモとイカの煮物
1.フライパンにバターを溶かし、皮をむいたサトイモを入れる。
2.バターがからまった所でイカを加え、材料をお鍋にうつす。(最初からお鍋でもOKです。)
3.材料がかぶるくらいのだし汁を加え、酒・みりん・醤油で味をととのえる。
4.アクを取り、煮汁が少なくなるくらいまで煮込む。煮汁が少なくなってきたら、スプーン等でサトイモに煮汁をかけつつ、煮込む。

※バターの香りが食欲をそそります(^ ^
(女性・30代・大阪府)

きのこの豆乳スープパスタ
お鍋にベーコンを入れていためる。火が通ったら、牛乳と豆乳、ハーフ&ハーフにして煮立てる。コンソメを1キューブ投入。パスタを投入。パスタがゆだる2分前に食べやすい大きさにしたしめじ・えのき・まいたけ・エリンギを投入。パスタがゆだったら器にもる。ゆで汁がいらないし、パスタをゆでてからソースとかとあわせる必要もない。味のついた汁で煮るから、パスタにも味がついておいしい。ラクでエコですよ!
(女性・30代・愛知県)

きのこ炒めイタリアン風
1.キノコを用意(ぶなしめじ、えりんぎ、えのき等1パック100円以下くらいのものを3~4種類位用意した方がいろんな味が混じって美味しいようです
2.やや深めの鍋にオリーブオイルをいれてキノコを炒める
3.白ワインを50~100ml程度加えふたをして蒸し煮にする (この際コンソメ、バジル等のハーブ等を加えればなおよし)
4.ふたを取りやや煮詰めて塩コショウで味を調えて完成!

※付け合せによし、あまったらハンバーグや肉のソテーのソースにも良し、と使い回しが可能ですv
(女性・40代・茨城県)

きのこのバターしょうゆパスタ
1.お好みのパスタをたっぷりのお湯で固めにゆでておきます。
2.たまねぎ100gはいちょう切り、きのこ数種を用意(種類が多いほどおいしいです)。きのこはパスタに合わせ、細長くなるように切りそろえます。
3 サラダ油をしいた熱したフライパンに「2」を入れて炒めます。全体にしんなりしてきたら、パスタのゆで汁を多めに加えます。また、しょうゆとバターを適宜入れます。このとき、バターもしょうゆも焦がさずに。あくまでも水分たっぷりを心がけてください。
4.「1」のパスタを入れて合わせます。ここで水分が多いと、しっくりと混ざります。味を見て、必要ならばバター、しょうゆを加えます。最後にコショウをかけると味が引き立ちます。
5.最後に、おいしそうに盛り付けてください。

ポイント:1 きのこはなるべく種類多く。2 バターとしょうゆは焦がさない。 3 きのこソースは水分多めに作るとパスタとよくなじみます。
(男性・30代・千葉県)

さんまのマンマ!めんどくさい人向けの手抜きりょうりです。
さんまの内臓をとり、長いので2分の1に切ります。
軽く塩を振り、まな板の上で片栗粉を適量さんまにまぶします。この片栗粉は全体にかからなくても、適当でいいんです。
それを油を引いたフライパンで両面焼いて皮に焦げ目をつけます。
中まで火を通すと思うと時間もかかり大変なので、焦げ目がついたらそこにポン酢と水をを入れます。
後は蓋をして弱火で5分くらい。中まで火が通ったら出来上がり。
(女性・40代・鳥取県)

鮭のホイル焼き(電子レンジ仕様)
鮭の切り身、たまねぎ、しいたけ、しめじ等(好みでいろいろ入れてもOKです。)
さらに、野菜を敷いてその上の中心ぐらいに鮭の切り身を置きます。
バターを適宜(5g~10gぐらい)鮭の上に乗せてください。
コショウを少々掛けて、ラップで蓋をして下さい。
我が家では、ラップの変わりに100円ショップで購入したレンジ用の蓋を使用しています。
後はレンジで鮭に火が通るぐらい。7~10分ぐらいで様子を見て下さい。
出来ましたら、醤油やポン酢で味付けして下さい。完成です。
(男性・30代・千葉県)

さつま芋のシチュー
我が家では普通のクリームシチューに、さつま芋を入れます。
意外な感じがするかもしれませんが、塩気のあるシチューにさつま芋の甘みが抜群に合います!男性ってあまり甘い芋など(さつま芋やかぼちゃ)好まない方が多いのですが、こうするとウケます!ちなみに豚汁にさつま芋も定番です!
(女性・30代・静岡県)

レンジで作るなすの味噌和え
ナスのヘタは最小限、包丁で切って残りは、はがすようにして取ります。
なす一本を乱切りにして味噌、砂糖大さじ1、豆板醤少々の中に入れてレンジに数分かけます。
暖かい間に混ぜると味がなじんで、ご飯にピッタリの味噌和えができあがり。
油もいらないしガスよりも安くて早いので色んな意味でエコかと思います。
(女性・40代・静岡県)

旬の野菜の簡単スープ
1.茄子は一口大に切り(切り方はお好みで)アク抜きをしておきます。
2.えのきや、他旬の茸も一口大に切ります。
3.ハムは4~5ミリ位の細切りにしておきます。
4.青梗菜や白菜など好みの野菜を食べやすい大きさに切りサラダ油で野菜・きのこを炒め、酒・しょうが汁・塩で下味をつけます
5.コンソメスープを加えて煮立て、アクをとります。
6.塩、しょう油、コショウで調味し、切り揃えたハムを入れひと煮立ちさせます。この時、落とし卵を加えても美味しいです。
(女性・50代・長野県)

じゃがいもとサツマイモのお味噌汁(小鍋で3~4人分)
①じゃがいも1個
②さつまいも1個
③豚こま切れ適量
④味噌おたま1杯分
⑤ねぎ(刻みネギに使う)

イモ類を一口大に切り、豚こまを入れ、最後に味噌で味を整えて器に入れる際に、きざみネギを。
(女性・30代・茨城県)

芋餅
サツマイモ 400g もち 2個 砂糖・きなこ 適量 塩 ひとつまみ 
1.よく洗ったサツマイモに紙タオルをくるんで水をかけ、ひたひたになったところでラップにくるんで500wの電子レンジに20分かける。途中で様子を見ながらひっくり返す。
2.ようじが通ったらラップと紙タオル、皮をむいてボールに入れる。すりこぎで芋をつぶして水を少量入れ、落としラップをして再び電子レンジで10秒から30秒チンする。
3.別の容器に水を張り、餅を入れて5分チンする。②と合わせて再び5分チンする。
4.砂糖、塩を入れすりこぎで粘り気が出るまでよく混ぜる。
5.箸で絡みとり、砂糖を混ぜたきなこにからめる。
(男性・30代・東京都)

サツマイモのモンブランケーキ
スポンジケーキを焼いて2センチ程にスライス。
サツマイモを充分に水にさらして黒い部分を取り除く。
芋をゆがいてなめらかにつぶし、マーガリンと砂糖とラム酒少々を入れる。
ヨーグルトの水分を切ったものとサツマイモを混ぜるとなめらかなクリーム情になる。
それを生クリームの代わりにケーキに飾る。
スポンジケーキの間にはマロングラッセやレーズンを挟みこむとさらに美味しくなる。
さっぱりとして美味しい低カロリーケーキの出来上がり。
(女性・50代・静岡県)

秋かぼちゃの寒天ゼリー
1.かぼちゃは1/2個をラップして電子レンジで5分程、加熱する。
2.加熱したかぼちゃを少し冷まして、皮を大まかに取り除き、皮を取り除いたかぼちゃを乱切りにして、ボールに入れて細かくつぶす。
3.鍋に水500gに粉寒天4gを入れて中火で沸騰するまで溶かし混ぜる。
4.沸騰したら弱火にして黒砂糖を大さじ2、塩小さじ1/2と、つぶしたかぼちゃを入れて、よく混ぜる。
5.良く混ざったら鍋から降ろし粗熱が取れたら、長方形の型に入れて冷やし固める。
6.食べるときに、煮た小豆を添えると、よりデザート感覚で食せる。
(女性・40代・静岡県)

2009年11月 「いいことレシピPartⅡ.[お鍋]」投稿の一部をご紹介

/

たくさんのお鍋レシピの投稿ありがとうございます。定番の寄せ鍋、おでんなどから最近話題のトマト、カレー鍋など様々な鍋のレシピを投稿いただきました。中にはユニークで大変面白いネーミングのお鍋料理もたくさんありましたので、いくつか鍋の名前だけでもご紹介いたします。想像すると何となく分かるものから、全くノーアイデアのものまで様々です。

冷蔵庫掃除鍋、何でも思いっきり鍋、お財布エコ鍋、週末鍋、在庫一掃鍋、貧乏湯豆腐、愛愛人参鍋、怪獣鍋、男のなんでも鍋、変幻自在鍋、地産地消鍋、マクロビの野菜鍋、なんとなく鍋、お肌ぴかぴか鍋、貧乏なべ、ご近所鍋、孤独鍋

ポトフ鍋
コンソメベースのおだしにジャガイモやニンジン、キャベツ、白菜、などお野菜なんでもいれて、お肉は鶏肉でも、豚肉でも、
ソーセージやベーコンでも。
2日目はトマトの缶詰をいれればトマト味のシチューになるし、クリームシチューのルーを入れればクリ-ムシチューにもなります!
野菜をたくさん食べれて、冷蔵庫のお掃除もできて2日分作れるなんてラクラクです!
(女性・30代・千葉県)

おでん鍋
おでんと寄せ鍋を足したもの。おでんにするには具が足りない、寄せ鍋にするにも具が足りないときに、2つをあわせると具沢山の鍋になります(笑)我が家の定番の具は、大根・こんにゃく・卵・さつまあげのおでん具に、白菜・しめじ・鶏モモ肉・春菊・ネギという鍋の具を入れています。具はすべてスーパーの安売りのときに買うのでお財布にも優しく、大満足なボリュームです。もちろん、具がすべて揃わなければできないものでもないので、なければないままで作ることもできますし、気が楽です(笑)余熱を使って、できるだけガスを使わずに火を通すのも忘れずに。野菜は、沸騰させるより、80度程度のほうがおいしくなるらしいので、余熱を使うことは我が家では必須です。
(女性・20代・神奈川県)

ほうとう風鍋
ほうとう鍋は、山梨の郷土料理。かぼちゃが入ったお味噌仕立ての煮込みうどんなんですが、幅広の「ほうとう」でなくて、普通のうどん(細麺でも太麺でもお好みのもの)でも十分美味しくいただけます。冷蔵庫の野菜室にある野菜にお肉やきのこ、そして「かぼちゃ」をプラスする事で、ビタミンなど栄養価がアップ!!冷蔵庫の余った野菜が片付き、風邪やインフルエンザ予防にもなり、まさに「エコ鍋」です。
(女性・40代・山梨県)

トマト風味鍋
適当な出汁、ホールトマト缶、きのこ類、にんにく、しょうが、豚肉か鶏肉、白菜、豆腐・・・出汁にホールトマトを潰して入れ、にんにく加え、そのほかの具を入れて蓋する。。。それだけ・・・残った物に更にきのこを加える・・・スパゲティにかけるとスープスパ、これ二日目。。。更にまたきのこを加え、バター、ご飯、粉チーズ、生クリームを入れるとリゾットに・・・これ三日目同じ味で三度楽しめます。
(男性・40代・兵庫県)

エコもやし豚なべ
もやし、豚肉、きのこ類などを鍋にいれて煮るだけ。あとは、ポン酢など好みものに付けて食べるだけ。
なぜ、これがエコなのか?まず、基本的に家族が鍋を囲むため、他の部屋の電気等の消費が抑えられる。
また、鍋で、体もあったまって暖房類も、少なくすむ。鍋料理は多少ではあるがエコに役立っている。
(男性・40代・東京都)

ワンタン鍋
ワンタンの皮、豚肉(挽肉でなく薄切り肉を細かく刻み、叩きます:挽肉よりプリプリのワンタンが楽しめます)、
生姜、葱、中華だし、青梗菜、蒸し麺 葱の白いところで白髪葱を作る。
ビニール袋に(←後片付け簡単、油分を流さない:エコです!)豚肉・白髪葱を作った残りの葱をみじん切り・ごま油、酒、胡椒、生姜(チューブ入りでOK少し多目)、片栗粉を少々入れ袋の上から良く粘りが出るまで揉む。
ワンタンの皮で肉を包んで(角に水を少しつけて畳む様に包むと解け難いです。)土鍋に水・中華だし・酒・ごま油・醤油・胡椒で入れスープを作り、沸騰したらワンタンを入れて浮いてきたらOK。
青梗菜を煮えすぎないタイミングで入れます。土鍋からワンタンをすくい、白髪葱を載せて熱々を戴きます。
「しめ」はラーメン、土鍋に蒸し麺を入れてさっと煮ます。ワンタンから出た肉の旨味も加わってなかなかいい味のラーメンが楽しめます。
(女性・50代・東京都)

エスニックカレー鍋
鶏肉をゆで、いったん取り出します(骨付き肉の場合はそのまま)。キャベツとたまねぎを入れ、煮ます。
カレールーを少な目に入れて、さらさらのカレースープを作ります。少しのキムチと、ココナッツミルク、唐辛子、などで味を調節します。(キムチを少量隠し味に入れると、なぜかエスニックっぽい雰囲気に。おそらく、ナンプラーなどの醗酵した味の代わりとなるのでは)
かぼちゃ、ブロッコリー、カリフラワー、アスパラなどは、別にゆでておき、最後に入れると煮崩れません。
後は、のんびりお召し上がりください。
(女性・30代・広島県)

キムチ野菜鍋
大根・水菜・もやしを鍋にぶち込み、市販のキムチの素を入れるだけ。
白菜キムチを最後に後のせ。これがうまい。食べる直前に溶き玉子をお好みで。
韓国の「トック」を入れると腹持ちもよいです。中身を食べたら最後はうどんor雑炊で。
(男性・30代・兵庫県)

豆乳鍋
こっくりしたようなまろやかな豆乳ベースのおだしなので、あっさりした具が我が家では定番ですが、
寒くなるとサラダは敬遠しがちなので、冷蔵庫にある野菜は何でも入れます。
美味しかったのは、レタス・ブロッコリー・カリフラワー・カブ・ニンジン・クレソン・キノコ各種でしょうか。
そして必ず入れるのはジャガイモ!レンジでチンしたものをお鍋の初めから入れて、最後に食べます。
自分の取り皿に豆乳鍋のスープと一緒にして、じゃがいもをつぶして食べると、すーごく美味しいです。
翌日はニョッキを入れて、楽しみます。
(女性・40代・京都府)

みぞれ鍋
サンマが豊漁で安い年は何故か大根が不作で高い。大根が豊作で安い年はサンマが不漁で高価。今年は珍しくどちらも安い。
安い大根を丸ごと擂り下ろして土鍋に入れ昆布を入れたら少量の味醂と酒、醤油で薄く味付けする。
大量の白菜を入れたらあとは好きな、もしくはその時有る肉なり魚なりを入れて野菜、豆腐を投入。野菜は長ネギ、春菊他何でもOK。
ポン酢なり何なり好きな味で食べる。美味しいし温まる。お燗した日本酒をキューット!!
(女性・60代・東京都)

和風白味噌ミルク鍋
だし汁に白味噌を適量溶き加えた中に、好きな食材(豚肉・ニラ・白菜・きのこ類がお勧め!)を入れ、
火が通ったら、牛乳を1カップぐらい入れる。牛乳が濃厚な味を深めとっても美味しいお鍋ができます。
市販の鍋の素よりも安く、しかも美味しいので、我が家はほとんどこのお鍋です。
味噌汁に牛乳って抵抗あるかもしれないけれど、この鍋は牛乳が大きなポイント。
身体も温まるし、クセになるほど美味しいです。
(女性・30代・岐阜県)

よせ鍋
骨付き肉で十分だしをとった醤油ベース(ほんだしと砂糖、牛脂も忘れずに)の鍋です。
具材は豚肉、牛肉、白菜、ネギ、春菊、椎茸、エノキ、しめじ、糸こんにゃく豆腐、他野菜いろいろ。水餃子をいれてもおいしいです。
卵をといてポン酢とゆず、にんにく少々につけて食べるのですが時間が経つほどおいしいので2日3日は当たり前の鍋です。
レシピというと分量を書かなくてはいけませんが、本当に適当で野菜も山ほど切って食べきれなければ冷蔵庫へといった感じなのであえて書きませんでした。
(女性・40代・佐賀県)

みそおでん鍋
名古屋はなんと言ってもみそおでんです。おでんをこんぶのおだしで煮込みます。
お鍋の中央におすし屋さんにあるような大き目の湯のみを置きます。
中に赤ミソ、お酒、お砂糖、みりん、水を入れておでんといっしょにあたためます。
おでんが温まったら、お味噌の中におでんの具を入れて、このみでお味噌をつけて食べます。
少し甘めで味噌だれを作るとごはんがとっても進みます。お味噌で体があたたまり、冬にはもってこいです。
(女性・30代・愛知県)

野菜の重ね煮鍋
これは、野菜を切って重ねて煮るだけです。大根、にんじんなどの根菜類で食べられる皮はむきません。
ごぼう、はす(れんこん)においても、料理の先生が薦める、酢水などにつけるなどのアク抜きプロセスもありません。
干ししいたけを水で戻したものやシメジ、エノキ、エリンギなどのきのこ類もたっぷり入れます。
じゃがいも、たまねぎ、ブロッコリン、トマトなどの洋風野菜も入れます。
食べるときに、体がより温まり部屋の暖房が不要になるエコ目的と、血行をよりよくして風邪防止目的を同時に達成するために、
調味料は生姜、赤唐辛子のみです。
鍋の入れ物は、保温性の高い土鍋一つでできるので複雑なことは一切ナシというシンプルさです。
しかもうれしいことに冷蔵庫で1週間は日持ちするので、この鍋料理を作りおきしておけば、何種類もの料理に展開でき、
忙しくてなかなか料理をする時間が取れない人にもおすすめです。
水を少し加えてミキサーにかければガスパチョになりますし、ご飯と混ぜてチーズをのせてオーブンで焼けば、
イタリア風ドリアになります。(ご飯の代わりにマカロニを入れてチーズを載せて焼けばグラタンです。)
ニンニク、豆乳を入れれば、立派な大豆レシチン入り、健康的なホワイトソースのできあがりです。
他にも、ピザの具、魚やフライ、パスタのソースなど、メニューはいろいろ広がります。
これさえ常備しておけば、日々の食事作りはぐっとラクになるし、簡単に野菜をたくさん摂ることができます。
多くの野菜を柔らかく煮込めば、赤ちゃんの離乳食にもなります。
なるべく野菜を丸ごと活かしたいので、いただける部分は捨てずに料理します。だから生ゴミが非常に少ないというのも特徴です。
ゴミが少ないということは、ゴミ焼却にかかるエネルギーが節約できる、CO2の削減につながるということ。
まとめて作ることで時間だけでなく、ガスや電気などのエネルギーの節約にも。それに調味料が少なくて済むので洗い物がラクです。油を使わない重ね煮だとほとんど洗剤はいらない。家庭排水への負荷も軽減できます。
小さなことかもしれませんが、おいしく食べた結果がエコになるなら、それはとても幸せなことですね。
(男性・50代・東京都)

戦地鍋
正式名称はわかりませんが、親父は戦地鍋と称してました。
ブタバラ、大根おろし、長ネギ、うどん、白菜、豆腐、しいたけ他キノコ類、油揚げ。
調味料は醤油、にんにくおろし、酢、胡椒、七味唐辛子、ラー油、具材を土鍋に入れ、煮込む。途中アク取りは忘れずに。
煮上がったら、ゆでておいたうどんを入れる。小皿に醤油と、酢を入れておき、そこに鍋の汁を入れて好きなだけ調味料を。
それにつけて食べるだけ。戦場で寒いときに腹を満たし、かつ温まる為に考えた料理だそうです。
(男性・40代・茨城県)

雪見鍋
水も、おだしも、入れません。
水と、だしの代わりに、大根おろしを丸々1本分くらい土鍋に入れます。
具材は、お好みで、私は「鶏肉・大根・豚肉・白菜・ネギ・春菊・しらたき」等で、その時の安い材料を入れます。
すごく、あっさりして何杯でも食べられます。逆に少しの量では、あっさりしすぎて物足りないかもしれません。
(女性・30代・京都府)

信州丸ごと鍋
1.りんごを芯を取って縦に12等分に切り、更に横に半分に切ったものをしょうゆに漬けて一昼夜置く。
2.<きのこ巾着>油揚げを半分に切り、袋のように開いてしめじ100g分に大さじ2の酒をふったものと、鶏肉50gを細かくきったものを8等分にして油揚げの中に詰め、1袋に長野米(生)小さじ1と小さじ1/4程度の味噌を入れて楊枝で止める。
3.土鍋に1~2カップの水と昆布を入れ、きのこ巾着を漬けておく。
4.<具材の準備>りんごを細かく切る。長ねぎ1本分青い部分をみじん切りにし、豚挽肉と混ぜみそ1/2と小麦粉を加えてよく練る。きのこ類:いしづきを取り子房に分けておく。辛味ダイコンと長いもは、皮をむき長い薄切りにする。長ねぎは2cm幅の斜め切りにする。鶏もも肉は一口大に切る。野沢菜付けは5cm程度の長さに切る。長いも200gをすりおろす。
5.土鍋に火をつけ、鶏肉と長ねぎ、きのこ巾着を入れて20分煮てから他の具材を入れて、煮えたらりんご醤油と味噌ととろろを混ぜたたれにくぐらせて食べる。
(女性・30代・北海道)

バクダン鍋
山屋さんの間では有名なバクダン鍋、うちでも寒い時期のキャンプの定番メニューでした。
作り方は至って簡単。鍋に水を張り、わたを取った煮干と種を抜いた鷹の爪、皮をむいたニンニク丸ごとを適量ぶち込みます。
水の量にも依りますが、まあ2人前で煮干・鷹の爪10本ほど、ニンニク5、6個といったところでしょうか。
煮立ったら煮干・鷹の爪を皿に引き上げます。これに醤油を回し掛け、鍋が出来るまでのおつまみになります。
後は味付けも具材も適当。うちでは大体、醤油さしてキャベツ・豚肉、味噌入れてキャベツ・豚肉、バターいれてうどんといった順番で、味の変化を楽しみながら食べてました。重要なのはニンニク。決して途中で食べてはいけません。
最後に残った煮崩れそうなニンニクは、それはもう絶品です。
何故名前がバクダンなのか、翌朝トイレに(大の方です^^;)行かれると、なんとなくご理解いただけると思います、ハイw
(男性・40代・滋賀県)

常夜鍋(じょうやなべ)
常夜鍋(じょうやなべ)…確かこういう名前だったと思うのですが…(^_^;)うろ覚えですが、自分の中ではもう定着してます。
材料として欠かせないのは、白菜と豚肉の薄切り(部位はどこでもOK)。お鍋のサイズに合わせて量は加減してください。
豪快に入れるのがオススメです☆
まず、下ごしらえ。白菜を縦に1/4にカット(くし型切りの要領で)します。はっぱの付け根は切り落とさないで、つながったままです。
そのはっぱ1枚1枚の間に、豚肉の薄切りを1枚1枚挟んでいきます。それをお鍋にどかっと入れて、お塩をぱらぱらっと散らして、火にかけます。白菜が焦げてしまいそうで不安だったら、少しお水を入れてからでもいいですが、基本的にはお水なしでじっくり火にかけて、白菜の水分を徐々に出していく感じです。白菜が多少焦げたところも、美味しいですよ(笑)
白菜がしんなりしてくると、びっくりするくらい水分が出てます。ここでお水を適量足して、味付け。お醤油でもいいし、キムチをいきなり投入してもいいし、お味噌でもいいし、お好みで。我が家ではやったことありませんが、市販のお鍋用のスープ(?)を入れてもいいと思います。それから、お好きな具材も入れましょう。我が家ではお豆腐、春菊、きのこ、大根などでしょうか。
コツは何といっても、最初から必要以上の水分を入れずに、まずは白菜の水分と豚肉のダシをしっかり出すこと。
最初から水分を入れて、白菜と豚肉を「煮る」のと、上記のように白菜の水分だけを利用して「蒸し煮する」のとでは、白菜の甘みも香ばしさも全然違います!白菜をまるごと食べられちゃうのも嬉しいところです。
つい切り落としちゃうはっぱの付け根も、いつの間にか食べられるようにやわらかくなってます(^^)
(女性・20代・新潟県)

コラーゲンたっぷり、身体ポカポカ鍋
1.手羽先をキッチンバサミで先の部分を切り落とし、「身」はフライパンで裏表とも焼き色を付ける。「先」は水に入れて、煮出し、あくを取りながらだしをとる。
2.白ネギを長さ3cmぐらいに切り、だしがシミやすいように、表面に切れ目を適当に入れておく。
3.白菜を柔らかい部分と分厚い部分に切り分け、それぞれ数センチ角ぐらいの大きさに切り分ける。
4.フライパンに大1/2位油をひいて、2の白ネギと3の白菜の分厚い部分を入れ、焼き色を付ける。
5.鍋に1でとったダシと土生姜の薄切り(生姜1/2個分位)を入れ、手羽先の身を入れる。ぐつぐつしてきたら、4の白ネギと白菜を入れ、最後に白菜の柔らかい部分を一番上に入れる。
6.全体に火が通って白菜がしんなりしたら、ポン酢で食べる。ポン酢に大根おろしを入れても美味しい。
(女性・40代・大阪府)

2009年12月 「いいこと 2009年の“エコ”まとめ」投稿の一部をご紹介

たくさんの投稿誠にありがとうございます。2009年皆さんに実践いただいたeco活動の上位3つは、
1.マイバック持参 2.ごみの仕分け及びごみを減らす 3.省エネ でした。

■偶然必然取り混ぜて今年はあらゆるジャンルの家電で買い替えが必要となりました。幸か不幸かエコポイントが華々しく話題となっていたので、「ええいっ!」とばかりに次から次と買い換えてしまいました。予定外の出費で今月人ってから合計してみたら「なんじゃこりゃー」でしたが、ま、そのぶん電気の使用量は確実に減っています。エコでもなんでも初めは痛みを伴うものかも・・・
(男性・60代・神奈川県)

■今までエコバッグはスーパーで買い物をした時にしか使用していなかったのですが、今年はコンビニやデパートなどでも使うようになりました。また、ゴミも週に2回出していたのを家庭からでるゴミを減らし週1回だけにしました。反省としては食べ物からのゴミがなかなか減らないことです。作りすぎてしまったもの、賞味期限切れのものを処分することがあるので来年から意識したいです。食品パッケージもゴミになるので減らす方法など教えてほしいです。
(女性・20代・兵庫県)

■風呂場、洗面所、トイレ、階段、玄関中・外など白熱電球をたくさん使用していました。最近電球のような形のLEDをテレビやホームセンターでみかけるようになり、思い切って買い換えました。電球の価格を比べれば、10倍か、それ以上かもしれないけれど、電力量は数十分の1くらいなので、使用電力量を考えると、2年ほどで償却できそうです。
(女性・40代・静岡県)

■エコバッグは当然持参し生ごみも生ごみ処理ポットで家庭菜園の肥料に・・・としてきましたが、まだまだ環境に良い(エコ)があったと思います。反省点は何だろう?と考えた時、冬場の暖房かと思いました。エアコンで暖房は使用しませんが、石油ファンヒーターやストーブ。石油より工夫によっては電気料金の方が安いような気がします。こたつの下敷きを1枚を2~3枚にしたり、掛け布も何枚重ねにし、ずっと こたつに電源を入れるのではなく、余熱だけでも暖かく光熱費が削減出来た様なきがします。2010年は、この方法を実行してみようと思っています。
(男性・40代・広島県)

■基本、エコガールな私ですが、節電と節水が苦手です。来年はこの辺を改善できるかな?無農薬野菜の宅配を利用してるし、洗濯には洗濯ボールを入れてるし、基本的に何かが無くなったら買い替える生活をしてるので、無駄な物を買ってゴミを出す事もない。不要な物はオークションで売り、リサイクル資源は全て回収に出し。だから、うちは2週間でコンビニの小さな袋1つ分しかゴミでません。もちろん水筒派です。昔から環境問題に関心が高かったから難なくやってます。みんなも一時の流行で終らせないで欲しいです。
(女性・30代・大阪府)

■昨年末に、車をホンダのフィットに買い替えました。それまでの車は16年乗ったのですが、車体は重いし、昔のエンジンなのでガソリンを随分と食いました。しかし、フィットは燃費がものすごく良いので、今年になって給油の回数がだいぶ減りました。ハイブリットカーの方が燃費は良いでしょうが、本体価格が高いです。それに比べ、フィットは本体価格が安くて、燃費がかなり良いので、今年、一年走ってみて、まさにエコカーだと思いました。
(男性・40代・茨城県)

■冷蔵庫を省エネタイプのものに買い換えました。安いだけの冷蔵庫(これまで使っていたもの)だと長く使うと電気料金が結構かかるので、価格差は気にせずに買い換えました。洗濯機も省エネタイプに買い替えました。日常生活で毎日使うものを、省エネを最大限に考えて揃えたことは意味があったと思います。
(男性・30代・滋賀県)

■食用油の廃油をひきとってくれるレストランチェーンを近所でみつけたので、もっていきました。エコアクションポイントなるものももらえました。ただこの制度政府の事業仕分けでしりつぼみにおわりそうなんです。今まで捨てるだけの油、ポイントをつけるのが無理なら、ポイントなしでも引き取り再利用だけでもこれからも続けてほしいです。
(女性・50代・埼玉県)

■今年は夏が短かったせいもあり、エアコンの稼働率も例年に比べとても少なかかったです。その分扇風機が活躍しましたが。冬が早く来たので暖房機が例年より早く登場しました。なるべく家族が同じ所にいる、風呂は続けて入る、窓に断熱シートをかけて隙間風を防ぐ等、工夫をしました。1年を振り返ってみて、だいたい90点位でしょうか。来年はエコ家電を少しずつ増やして行こうと思います。
(女性・40代・埼玉県)

■収入が減った分、エコには色々取り組みました。今年頑張ったのは、家庭菜園で、種をまいて、たくさん出た芽を間引きして、それをサラダにしたり、皮なども極力使うなど、工夫しました。
(女性・40代・北海道)

■経営している飲食店で、ついに割りばしの使用をやめ、洗って使えるはしを導入しました。最初はお客様に受け入れていただけるか心配でしたが、昨今、皆様エコへの関心が高まっているようで、そのような不安などいらぬ心配だったようです。いまではごみの量も減り、導入してよかったという思いでいっぱいです。
(男性・20代・新潟県)

■家庭ゴミの分別に力を入れた。プラスチック類はことに力を入れたが、スーパーの回収窓口に出すことで、自治体収集ゴミがほぼ半減した。また、近くに大型スーパーができたのを機に、買い物の車利用を減らして、自転車または徒歩で出かけるようにした。親の高齢化による火災を心配してIHを導入したので、電気代が増えるかと懸念したが、逆に光熱費全体では節約となった。
(男性・50代・福岡県)

■親しい友人と一緒に今までは待ち合わせて食事や買物に行っていたのですが、最近は、お互いにどちらかがピックアップして出掛けるようになりました。レストランや、デパートまでの車の中でも会話が弾み、一石二鳥です。
(女性・50代・宮崎県)

■今年はガソリンの価格がアップダウンした、忙しい年でした。 個人的には必要なものは必要、と割り切っているので今までガソリン代を節約とかあまり考えませんでしたが、ある雑誌の記事を読んでふと、思い立ちました。「最初の時速20kmまでに約5秒かけると、燃費がのびる」この記事を読んで「ほんまかいなぁ~ 一回、やってみよう」 エコとは全然違うきっかけではありましたが、燃費を計算するようにしました。今までは1Lあたり10km未満。エアコンをかけようものなら7kmぐらいになっていました。決して、3000ccの車ではありませんよ。普通の軽四です。記事のように努力しましたが、3秒が関の山で5秒なんてかけようものなら後ろの車から追われてしまいます。しかし、とりあえず3秒で良いから今までよりゆっくりアクセルを踏むようにしてみました。するとどうでしょう。燃費が12km、エアコンをつけても10km近く伸びたではありませんか!!これにはビックリ!こんな、小さな事ではありますが、これもエコと言うことで・・・
(女性・40代・奈良県)

■「エコ」な観点から今年1年を振り返り、成し遂げたことですぐに思いつくのは『夏にクーラーを使わない』『家にいるときは1部屋に集まって他の部屋の電気などをつけない』『使っていない家電のコンセントを抜いておく』です。この冬も暖房家電をあまり使わないで「湯たんぽ」や「毛布」「ブランケット」で乗り越えたいです。でも風邪はひかないように、こたつは使おうと思います。
(女性・30代・香川県)

■子どもが、学校の宿題として「身近なエコ」を考えてきましょう…などというのが有り、親も一緒に家庭を見直してみました。母親として出来るのは、料理で工夫することが多かったです。旬のものを使う。材料を無駄にしない。お皿の油汚れは図書カードなどでぬぐってから洗う。食品トレーや、プラスチックゴミを資源ごみに分けて処分する。毎日の生活で、今日はイイやを作らないよう(!)に頑張りました。物があふれる時代なので、文具なども最後まで使う・管理をきちんとする…など子どもとも話し合いました。しかし、理想の整理整頓スッキリ無駄なし生活まではなかなか到達しませんでした。
(女性・40代・神奈川県)

■今年はエコポイントの導入など、世間のエコに対する意識がさらに高まって来た年だったと思います。私的にエコを意識して行動に移したことは何点かありますが、一番は燃料食い散らかしすぎのスポーツーカーから軽自動車にのりかえた事かな・・・。今まで週3回の給油が、月2回程になり 家計の節約=エコになったと思います。 そんな私をみて息子達もPCの電源つけっぱなしをやめたり、部屋の電気もこまめに消すようになりました。あとは旦那が水道出しっぱなしで歯磨きするのを止めてもらいたいです!何回も注意しているのですが。。。><;
(女性・40代・香川県)

■生ごみの堆肥化。生ごみを堆肥にしている人は多いと思いますが私はそのままうめて野菜の再収穫です。ジャガイモは結構取れました。ししとうトマトなど。芽が出てくるとわくわくします。野菜を腐らせそうなときすぐ土に埋めます。ちょっと罪悪感が薄れはっぴぃになれます。
(女性・50代・愛知県)

■エコと叫ばれる言葉を多く聞く年だとおもいました。私も何かやることは無いかと考え12月に入りトイレと洗面台に取り付けてあった60wの電球型蛍光灯を40wタイプに交換しました。1台の消費電力が今まで13wだったのを8wになり5w減らしました。(3個で15w)インターネットをするためのデスクトップパソコン用の補助ライトを13wの蛍光灯を6.6wのLED電球(60w電球相当の)に変えました。次はLEDバックライト使用した液晶ディスプレイだと約30%ほど消費電力が減るというので変えようと思います。
(男性・50代・愛知県)

■冷暖房の使用を多少控えることができたのが良かったかなと思います。パソコンの使用を控えることができると、省エネとエコとしては理想なのですが・・・この夏10年近く使っていた冷蔵庫とエアコンが壊れ、買い換えました。電力使用量が少なくなったハズなのですが、あまり実感はありません。やはりエコ替えというのは、ガンガン使わないと実感するものではないと思いました。違いがわかるほど利用するのはそもそもエコではありませんが。
(男性・30代・兵庫県)