eco・to・lifeはお得なエコについて考えるサイトです。自分と地球にいいこと生活を!

eco・to・life(いいこと生活) HOME » いいこと投稿 » 2015年のいいこと投稿

2015年のいいこと投稿

2015年1月 エココメント「バレンタインデーについて」の一部をご紹介

  • 健康上甘い物禁止の家族に、数年前から糖質オフのチョコで手作りしています。普通の人より食べられる喜びが大きいようですごく喜んでくれます。(女性・50代)
  • 義理チョコをなくし、欧米のように、男性が女性にプレゼントを贈るイベントになってもらいたいです(女性・40代)
  • 上司へのチョコレートどうしようかな、と悩みつつ、渡した時のすごい嬉しそうな顔を見ると今年も止められそうにありません。(女性・40代)
  • 職場に手作りお菓子をもってくるのはやめてほしい。ハンドメイドは本当に好きな人だけに!(女性・30代)
  • 娘は幼稚園のころから、友チョコをやってました。エコから見れば、浪費ですが、高級チョコばかりだった20年くらい前を思えば、庶民的でホッとします。(女性・30代)
  • この習慣なくなってほしい。安月給なのに義理チョコの出費はきついです。(女性・40代)
  • ロッカーを開けたらチョコレートが出てくるシチュエーションに憧れてたが、男子校だった。(男性・20代)
  • CMや世間体に振り回され過ぎです。あげない。もらわない。これで節約できますよ。(男性・60代)
  • バブルのころこの日のためにかなりの出費がありましたが、お返しは3倍返しでした。(女性・40代)
  • バレンタインデーとは知らずにハート形のチョコをもらい、不思議に思いながらも喜んで食べた、小学一年の思い出。(男性・40代)
  • 今まで義理チョコをたくさんあげてきたが、去年から一切やめました。お金が節約できて、助かっています。主人用のチョコは浮いた分だけ良いものを買います。(女性・50代)
  • フェアトレードのチョコレートを贈ります。(女性・40代)
  • 毎年やや高級なチョコを相手と自分に買います。この時期ケーキ一個の値段より高いチョコ一粒?と思いますが、年に一度の大贅沢!と割り切って、バレンタインだけは美味しいチョコを食べます。(女性・40代)
  • 私のバレンタインは、夫・息子・孫へ市販のチョコを贈っています。三人それぞれに合ったチョコを選ぶのが楽しみなのです。自己満足ですが、今年もみんなが仲良くという気持ちをこめています。(女性・60代)
  • 友チョコでたくさんチョコをもらえるので、女の子に生まれてきてよかったなーと感じる日です。(女性・10代)
  • 1990年のバレンタインデー私は男女問わず会社の全ての方へ手作りクッキーを渡しました。流行の火付け役です。(女性・40代)
  • わが家では、家族みんなのイベントになっています。娘たちは、家族用・友チョコ用と、台所を占領してせっせと作っています。いつになったら本命用を作るのかなあ…(女性・50代)
  • 主人が若い頃は紙袋いくつもに入ったチョコを持って帰り、妻である私はプチ嫉妬をしたものです。50代の今は生命保険のおばちゃんからのチョコも入れて数個の義理のみ。それはそれでなんだか寂しいなぁと思う今日この頃(女性・50代)
  • 地方に住んでいる私にとって、バレンタインは普段は手に入りにくい高級チョコを簡単に手に入れられるありがたい季節です(女性・50代)
  • 最近義理チョコが少なくなって、友チョコやご褒美チョコで本当に欲しい人が買うのはいいことだと思う。(女性・40代)
  • 毎年兄弟二人と父にあげています。去年から手作りにしました。包装紙など無いのでエコかも?(女性・30代)
  • 職場の皆様に支えられていると思うので、毎年ささやかながらチョコを渡しています。(女性・30代)

2015年2月 エココメント「冬の寒さ対策について」の一部をご紹介

  • ︎アウトドアメーカーのダウンジャケット・ダウンパンツとフットウォーマーでコタツに入ってます。ファンヒーターはお客が来なければ使いません。(男性・50代)
  • ︎▪︎まだ使えるからと使っていた数十年前の電気ストーブを買い替えました。今の最新式の方が電気代を食わないので、もっと早く買い換えるべきでしたね。(女性・40代)
  • ▪︎年を重ねてくるとヒートショックが心配なので浴室をリフォームして浴室暖房をつけ脱衣所にも電気ストーブを置いてあります(女性・50代)
  • ︎今年は断熱シートを貼ったところ毎年暖房21度設定だったのが20度で過ごせるようになりました。着る毛布も買って寝る時は着ています。ネックウォーマーやレッグウォーマーも活用。裏起毛のレギンスも初購入ですが暖かいです。(女性・40代)
  • ︎冬はやはり、おでんです。大根とこんにゃくと卵があれば十分です。体が温まります。(男性・60代)
  • ︎重ね着に限ります。自宅に居る時も適度に厚着して必要以上のエアコンやヒーターの温度を上げないように心掛けています。(男性・40代)
  • ︎こたつより着る毛布!電気代もかかりません…が、少々動きづらい(笑)(男性・20代)
  • ︎石油ファンヒーターの温風をコタツに送り込む伸縮パイプを使ってコタツ代0円生活(男性・40代)
  • ︎裏起毛のレギンスが手放せません。はいていないと足腰が冷えて体調が悪くなります…(男性・60代)
  • ︎我が家はずっと冬の寒さには石油ストーブを使っています。エアコンよりもコストがかからないように思います。(男性・40代)
  • ︎あまり冷え込んでいない温かい日差しの入る晴れの日の昼間の数時間は少しは灯油代の節約になるかと室内でダウンジャケットを着こんでストーブを消してみました。でも使い捨てカイロの大量消費であまりエコではなかったかも。(男性・40代)
  • ︎若い頃は「ズボン下なんてオヤジ臭い」と思ったが、今は必須。やはり年齢には勝てないか?(男性・50代)
  • ︎さむいときは、畑に出て、土を耕しながら天地返しをします。これで20分もするとうっすらと汗をかくほどです(男性・60代)
  • ︎「湯たんぽ」がお薦めです。空気が乾燥しないのもいいし、冷めたぬるま湯は洗濯に使います。(男性・30代)
  • ︎毎朝お風呂に入っています。朝、活動前に身体を温めると抵抗力が強まるようなので。(男性・50代)
  • ︎母が亡くなった原因である浴室と洗面所の温度差を無くすために洗面所専用の電熱ヒーターをつけている。この時期は必須だと思っているので、他のところの電気をこまめに消しています。(男性・50代)
  • ︎上着を厚着して、こたつに猫ですかね。こたつの温度調整はちょっと低めに手動でコントロールします。(男性・50代)
  • ︎暖かい部屋にタオルケットを置いておいて寝るときに敷くと暖かでほっこりします。(女性・60代)
  • ︎この冬買ってよかったなぁと思うものは座れる毛布です。腰とお尻が冷えません。電気いらずであったかいですよ。(女性・40代)
  • ︎大の寒がりなので冬はいつも貼るカイロが手放せません。外出時は大判マフラー着用ですが肩周りがけっこう暖かいです。(女性・40代)
  • ︎なるべく家族みんな同じ部屋にいて暖房代を節約しています。寝室の暖房も切りました。(女性・50代)
  • ︎冬はエコよりも健康を優先してエアコンをガンガンつけています。節電のため暖房をつけないで我慢していたら持病がひどくなりました。今は健康第一。(女性・40代)
  • ︎昨年信州から南関東へ引越しました。朝室内が10度以上で感激!エアコンいらずです。(女性・50代)
  • ︎ポットのお湯を少し多めに沸かしておいて、夕食後残ったお湯を小さいシリコンゴムの湯たんぽと、ペットボトル(ホッと用)にいれます。これで足許と手許がポッカポカ。残り湯で経費ゼロです。(女性・60代)
  • ︎日本の冬は、やっぱりコタツでしょ。炭火の堀コタツならなお良い。ほっこりあったか、適度な湿度も。家族全員が集まって部屋の空気も暖まる。でも火事にはくれぐれもご用心。(女性・40代)
  • ︎今年は寒さが厳しいですね。特に変わった寒さ対策はないのですが、寝るときは手軽にレンジで温める保温材を使っています。昨年までは湯たんぽを使っていたのですが、肩を痛めて重いものを持ったり熱湯を入れるのも危険なので変えました。朝方まで暖かいのでお勧めです。(女性・60代)
  • ︎外出時、帽子やマスクを着用すると格段に暖かですがなんだか指名手配犯のような気分になるのが難点です。(女性・40代)

2015年3月 エココメント「花粉症対策について」の一部をご紹介

  • この季節だけは、洗濯は室内干しです!絶対!(女性・30代)
  • 幸いまだ花粉症の症状が出てないので、予防として外出時はマスクをする、空気清浄機をつけるなど心がけています。(女性・40代)
  • 外から帰る時には玄関のドアの前で服をはたいて花粉を落とします(女性・30代)
  • ユーカリのアロマをたいたら気のせいかちょっとすっきりしました。(女性・40代)
  • 花粉症対策は毎年あれこれやってはいるけど・・・どれもこれも今ひとつ。もう誰か春を快適に過ごせる方法を教えてほしい。お願いします。(男性・40代)
  • 普段はなるべく価格の安いティッシュペーパーを使用するのですが、花粉症で鼻をかむ頻度が増えるこの時期ばかりは、奮発して『鼻セレブ』を購入してしまいます。。。(女性・30代)
  • 数年前からネットで「べにふうき」というお茶を取り寄せ、飲んでいます。個人的にはくしゃみと鼻水の症状が軽減された気がします。(女性・50代)
  • 洗濯物はすべて部屋干し。部屋もちょうどいい湿度になります。帰宅時は家に入る前に衣服をバタバタさせて花粉を落とします。あとはかかりつけ医と相談して症状に応じて薬を処方してもらっています。市販薬より処方薬の方が、他に処方されている薬との副作用も避けられるので安心です。(女性・50代)
  • 年によってつらい年がありましたが、腸を鍛えたりピラティスをするようになって良くなりました。目は水素水で洗うとスッキリしていいです。(女性・50代)
  • 50年後を見据えて、林業を活性化させ、花粉の飛ばない杉を植えましょう(男性・40代)
  • 鼻孔の入り口付近にメンソレータムを塗って外出すると気にならなくなります。ぜひお試しを。(男性・60代)
  • 外出を控える。どうしても外出する場合は、時間を選ぶ。マスク着用。洗濯物は部屋干し。あとは腸にいいものを積極的に摂る。花粉に黄砂にPM2.5。悩ましい時代にその季節になりました。。。(女性・40代)
  • 花粉用のメガネを外してからちゃんと水で花粉を洗い流したほうが良いですよ。忘れがちなので(女性・30代)
  • まだ花粉症ではないんですが、先日耳鼻科に行ったら近くに座っていたおばちゃんがプロポリスを飲んだら花粉症が治まったと言ってました。効果あるのでしょうかね~?(女性・40代)
  • 外に出た時は、出掛けた場所のトイレでハンカチぬらして顔を拭く。そこで塩うがいと鼻にお湯で濡らしたティッシュを突っ込んで奥まで入れたら取り出してスッキリ(女性・20代)
  • 外出にはマスクが欠かせません。帰宅時(家族全員)は、ドアを開ける前に頭から足先まで叩いてから入って貰うようにしています。(男性・60代)
  • 中学生の息子が花粉症です。症状が出たら耳鼻科で薬を処方してもらうほかありませんが、日頃から和食中心のヘルシーな食生活で全身的な健康を心がけています。(女性・50代)
  • 鼻をかむティッシュは2枚重ねになっているのを剥がして使います。薄くなるので鼻の下が荒れにくくなるし節約にもなるしで一石二鳥です。(女性・30代)
  • メガネをかけているので「メガネが曇らないマスク」が売られています。コレは便利。花粉症の時期、メガネをつかっている人にはお勧めです。(女性・60代)
  • 沖縄県には花粉がないということで、花粉症の夫と2月は必ず沖縄に行くことになっています。これってエコでしょうか・・・・・。(女性・60代)

2015年4月 エココメント「ゴールデンウィークについて」の一部をご紹介

  • 一番過ごしやすい季節なので、電車かエコカーレンタルで国内旅行に行きたいです。今まで知らなかった日本の素晴らしさを発見する旅にしたいです。(女性・40代)
  • ガーデニング開始にちょうど良い時期ですので、もっぱらホームセンター通いの予定です。(女性・60代)
  • 衣替え、お掃除に最高の期間です。運賃やホテル代もコスト高の時はおうちの模様替えが最高。(女性・50代)
  • 仕事があるので 好きなガーデニングでエコにエンジョイするつもりです。遠出される方々は気を付けて楽しんでください。(女性・40代)
  • ゴールデンウィークは、家にいることに限ります。車で外出しても渋滞ですし、やっと目的地についても人ごみの中、とそれなら家でゆっくり庭の手入れが一番です。(男性・60代)
  • 行楽地 何処も彼処も 中国語…あ、川柳コンテストじゃなかった^^(男性・50代)
  • 車の渋滞で発生する無駄なCO2を考えて、自宅で過ごすのが一番かと(女性・50代)
  • わざわざ混んでいるときに行く必要はない。家で渋滞情報のTV番組を優越感に浸りながら見て過ごします。(女性・60代)
  • 夫が何十年ぶりに一日だけ休みがとれました。なので、鉄道を使って日帰り旅行に出かけます。鉄道と徒歩でタクシー等は使わないことがエコです。(女性・50代)
  • 子どもたちと家庭菜園作りに没頭中!遠出はしないけど、庭でピクニックも!(女性・30代)
  • 手作りでイチからピザか蕎麦を作って経済的にも精神的にも一日を充実させる(女性・60代)
  • 宿泊先の備品を利用せず、持参した歯ブラシ、タオル、パジャマを使用するとエコですね(男性・50代)
  • 今年のGWは大勢の仲間とともにボランティアで公園の草刈です。これが楽しいんだ。(男性・60代)
  • 愛車を自転車にチェンジ!GWは少し頑張って遠出してみようかなと思っています。(女性・40代)
  • 旦那も子供も毎日家にいてめんどうみなきゃいけないので大変です。この近年は来なきゃよいのにと思いますね(女性・50代)
  • どこもかしこも人だらけになってしまうゴールデンウイークは、身近な公園とか図書館などで過ごすのもよいのでは?そしてちょっといつもとは違うモーニングサービスやランチなどで、プティ贅沢を味わうもよし。(女性・60代)
  • 一日ぐらい家の周りを散歩してみようかな!エコにつながる発見があるかもしれません。(女性・40代)
  • ゴールデンウィークは都内の百貨店めぐり、渋滞は無いし、無料で楽しめるイベントが沢山。(男性・60代)
  • お弁当持参で近場でドライブ。程よい距離でガソリン代も節約、お弁当持参で外食代カット。でも、楽しいゴールデンウィーク。(女性・40代)
  • 帰省して家族大勢で賑やかに過ごすのが毎年のゴールデンウィークです。(男性・60代)
  • サービス業なので、ゴールデンウイークなんて言葉は、私にはありません!(女性・30代)
  • どこに出かけても混むしお金もかかるし疲れるし、こんな長期休みこそ庭の手入れや花の植え替えや部屋の模様替えでリフレッシュ。近くの公園や庭でバーベキューパーティーも楽しいですね。(女性・50代)
  • 家族にとってはゆっくり休める期間ですが、主婦にとっては逆に家事が面倒になる期間です^^;(女性・50代)
  • ゴールデンウィークも年を取るにつれ様変わり、3人の子供が揃うのも難しく、今は独身の息子を迎えるのが通例である。普段は静かな生活なので迎えるのも嬉しくもあり大変でもある。(女性・60代)
  • お仕事があるのでGWといっても実感がありませんが、人を楽しませる職業なので、精一杯つとめさせていただきます(女性・50代)
  • 地域のあちこちでイベント満載!アベノミクスの届いていない地方はどこも大変。地産地消で、遠出しなくても地域の催しに参加し地元に貢献できたらいいなと思っています。(女性・50代)
  • ゴールデンウィークのある5月は、毎年、日差しが強く晴天の日が多い。そのため、太陽光発電量が最も多い月となっている。(男性・60代)
  • 友人が東北のボランティア活動で開いたカフェに遊びに行きます。(女性・30代)

2015年5月 エココメント「家電製品について」の一部をご紹介

  • 長年使っていた炊飯器をとうとう買い替えたら、ご飯が美味しく炊けるようになりました。毎日のことなので早く買い替えればよかった。(女性・40代)
  • 我が家で大活躍なのは精米機です。知り合いの農家から玄米を購入胚芽米とか五分づきにしてさらに雑穀とかを加えて食べています。(女性・50代)
  • 炊飯器の代わりに土鍋で炊いたご飯を冷凍保存しています。短時間で炊きあがり、美味しいです。(女性・60代)
  • 20年近く使っていた冷蔵庫をついに買い換えました。今度のは省エネタイプのものです。すると驚いたことに電気料金が激減しました!もっと早く買い替えれば良かったと思います・・・(女性・50代)
  • 16年使ってたエアコンが冷えなくなったので省エネタイプに買い換えたら、電気代が安くなりました。(女性・40代)
  • アレルギーがひどいので、空気清浄機を買いました。家族全員に効果があるので、エコなんじゃないかなと。(女性・40代)
  • 食べることが大好きなので”炊飯器”です。毎日の白ごはんは、もとよりパンやケーキや季節の炊き込みご飯やパエリアや赤飯などを作り出してくれるグッドパートナーです。炊飯器メニューをまだまだ開発中です。(女性・40代)
  • 電球をLEDに変えました。長寿命なので多分自分が今後変えることはないでしょう、寂しい~、複雑~?な心境(男性・60代)
  • 不思議なことに家電はひとつ壊れると別の製品へも伝染する。修理するにも年代物の家電は修理代が馬鹿にならない上に消費電力も大きく買い換えた方がエコなのではと思ってしまう。(男性・40代)
  • 20年以上使ってるハンディタイプの掃除機。どっこも悪いところないからすごい。でも、新しいのは省電力だったりするのかなあ。使い続けるのがエコか、切り替えるのがエコか、悩むところです。(男性・40代)
  • 一杯分のお湯を沸かせる電気ポットです。飲みたい分だけお湯を沸かすので、保温しなくてもいいのが気に入っています。(女性・40代)
  • 古くなった家電を思い切って買い換えると電気代が下がった。償却に何年掛かるかは???ですが…(男性・50代)
  • シャワー付きの便器に手元スイッチを付け、通常はオフにしています。便座に洗濯できる便座マットを付けると、冬でも便座を電気で暖めなくてもすみます。温水シャワーを使いたい時は、使用時に温水用のみの電源を入れます。冬場だと4分ぐらいでお湯が出るようになります。多少の我慢が必要ですが、タイマーなどを使って用便後も必要な時間が経過するまで本などを読んで待ちます。そして時間が来てから温水シャワーのスイッチを入れて洗浄しています。(男性・60代)
  • まだ春なのに今日みたいな暑い日はエアコンの除湿モードをかけると快適です。室内干しの洗濯物も気持ちよく乾いてくれます。(女性・50代)
  • 自動洗浄機能がついた換気扇が、今一番助かる家電です。大体月に一度くらい、ランプがつくと、40度のお湯を、所定のケースに入れ、スタート。そのお湯で換気扇を洗浄し、汚れたお湯は、別のケースに出てきますので、それを捨てれば終わりです。今まで専門家に依頼していた洗浄経費が不要になり、また大変楽にきれいになるので、友人にも勧めています。(女性・60代)
  • 最近パソコンを買い替えようと思っているのですが、選択肢が多すぎて優柔不断の私としてはあれこれ目移りしてしまいます。(女性・30代)
  • 食パンは買いだめ出来ないしかさばるし潰れるし、うんざりでしたがホームベーカリーで一発解決!!更に美味しいので、買って良かった家電No.1です。(女性・40代)
  • 洗濯機も掃除機も冷蔵庫も電子レンジもまだ使えるからと10年以上もっていますが、今どきの家電は性能が良くなっていて、買い替えたほうがエコなのかも。(女性・40代)
  • 家にはテレビがありません。周りからは不思議がられるけどダラダラ見るよりかは時間も電気代も節約になると思ってます。(女性・30代)
  • 「家電」の範疇に入っているかわかりませんが、電動自転車は車の使用機会を減らせるのでエコでいいと思っています。(女性・30代)
  • デジタルテレビに買い替えてから、観たい番組を予約してスイッチオン、オフできる。従来は見逃しを恐れ番組が始まる何十分も前からスイッチを入れ、観たくない番組を無理して観ていた。(男性・30代)
  • ウォークマン調子悪いけど使ってます。形とか使いやすくてお気に入りだけど、いつかは完全に使えなくなるのかなぁ。(男性・30代)

2015年6月 エココメント「暑さ対策について」の一部をご紹介

  • 料理をするときには首にアイスベルトを巻いています。これで夏もきちんと料理が作れます。(女性・30代)
  • スイカを食べる。暑い中でこそ、冷えたスイカのおいしさがわかる。身体も冷えて一石二鳥(女性・40代)
  • 真夏の天気の良い日は、南側の縁側には、よしずを置いて、なるべく冷房をかけずに過ごしています。(男性・40代)
  • 慣れるしかないですね。高めの設定で汗をかくのが震災後の日本のスタイルです。(女性・40代)
  • 胡瓜、ナス、ししとう、スイカ、メロン、トウモロコシなんでもOK、夏野菜で涼しく食べています。(男性・60代)
  • ゴーヤとひまわりで窓にグリーンカーテンをつくっています。体感温度が実際に下がるのが実感できます。(男性・40代)
  • 昼間はカーテン・雨戸・シャッターなどを閉めています。帰ったら開けるのですが、開けっ放しより涼しい。(女性・40代)
  • 屋根と外壁の塗装を遮熱タイプのものにやり変えました。毎年グリーンカーテンでゴーヤも育てています実も食べられて一石二鳥です。(女性・50代)
  • 超暑がりの夫がいるので、寝ている時にエコ対策。寝る前はエアコンを切る、入れるのタイマーを入れて除湿モードにします。除湿だけでも結構涼しく寝られます。冷えすぎ対策にもいいです。(女性・50代)
  • クーラーの設定温度は28℃にし、タイマー3時間セットで就寝時のみつけるようにしています。(女性・30代)
  • 家庭菜園でつくったゴーヤのカーテンで日光を遮断し、ナスやきゅうり、トマトなどの新鮮野菜を食べて暑さに負けない健康な体にしています。(女性・40代)
  • 5月生まれのせいか暑さには強い。夏はなるべく外で汗をかくようにし、家の中では時々水浴び、扇風機だけで過ごしている。(男性・60代)
  • 夏には水が貴重ですが、雨水を貯める装置の水を使い、打ち水をすると涼しいですよ。(女性・60代)
  • 金欠病の我が家、、。窓全開で扇風機です。そして 大活躍の首掛けタオルです。ひたすら流れ落ちる汗を拭いています。せめてもの贅沢?で今治タオルです♪(女性・60代)
  • 汗をかいたら、こまめに体をふくと、さっぱりすると同時に、体の熱が奪われて、ひんやりと気持ちがいいです。(女性・50代)
  • 古くなった家電を思い切って買い換えると電気代が下がった。償却に何年掛かるかは???ですが…(男性・50代)(男性・50代)
  • ホームセンターで買った「よしず」がイイ!セットも玄関や掃出し窓に立て掛けるだけの簡単さ。日差しを遮るので気温が下がり、風も通す。元々高くないのに何年も使える経済性。ここ数年夏には欠かせないアイテムです。(女性・50代)
  • 家の明かりをほとんどLEDにしたら、夜部屋の温度が上がりにくくなりました。(女性・40代)
  • 西日対策ですだれを買いました。日差しがゆるやかになった他に、見た目にも涼しくて思っていた以上の効果があり、先人の知恵にあらためて感心しました。(女性・40代)
  • 冷感敷パッドを使うようになってから、夏の夜の寝苦しさから解放されました。また、扇風機を使う頻度も落ちましたので、エコにも繋がっています。(女性・40代)
  • 建築現場で、よく着用されている扇風機付の作業着はいいですよ。本当に涼しく感じます。(男性・30代)
  • 外出から帰宅したら、出来ればシャワーを、無理なら足だけでも水で洗えば、体の熱が取れます。(女性・50代)
  • 家庭菜園をやっているので、今頃から少しづつ身体を暑さに慣らしてます。なるべく汗をかくようにしていると真夏にはさらさらの汗が出るようになります。(女性・50代)
  • マンションを購入する時、窓ガラスに特殊なフィルムを貼りました。紫外線をカットしたり、部屋の温度も少し下がるようです。電気代(エアコン)の節約になるだろうと期待しています。(女性・40代)
  • 冷凍バナナ。皮をむき、輪切りにして、ジップロックに入れて冷凍しておく。暑い時につまむと、甘くて冷たくて元気が出る。アイスクリームやジュースより経済的。(女性・40代)
  • 夏野菜には体内に籠った熱を放出する効果があると聞くので、積極的に食べるようにしています。(女性・50代)
  • また暑い季節がやってきた。今年は5月から真夏のような暑さに襲われ今から憂鬱である。暑さ対策といっても猛暑で体調を崩すと大変なのでエアコンを28度の設定にし、就寝時には氷枕や扇風機を使っている。。(女性・60代)
  • 暑くて寝れない時は手足にタイガーバームを塗るとスーッとして寒いくらいです。気持よく寝れます。(女性・40代)
  • ヘルパーです。訪問先には暑さに気が付かないって方も多々。ご家族にお年寄りのいる方、水分補給と温度設定の声かけをしてあげて下さいね。(女性・50代)
  • 部活をやっていたせいか、暑さに対して耐性がついたみたい。自分の体温で蒸焼きになるような当時のあの感覚、あれを超える暑さはこの先まず無いだろうと思うと気が楽です。(男性・20代)

2015年7月 エココメント「異常気象について」の一部をご紹介

  • 突然雷にあったらコンビニを探して入ります。電線の真下は落雷しないと聞いたけどホントかな?(女性・60代)
  • 我が家は時間30mmの降雨で出水危険地帯にあります。夏場は大雨情報から目が離せません。(男性・60代)
  • 子供頃は真夏でも真夏日なんてあまりなかった。今は長野県でも猛暑日が結構あります。 温暖化じゃなくて熱帯化ですよね。(男性・50代)
  • 梅雨はまだかと思ったら長い梅雨です。でも雨の晴れ間と雨水のおかげで、ゴーヤのグリーンカーテンが育ってきました。これからが楽しみです。(女性・40代)
  • 突然の豪雨に襲われたら、なるべく雨宿りをして数十分様子をみます。少々我慢すれば雨脚が少なくなることもあるので。その前に出かける時は天気予報をチェックして、時間に余裕をもたすようにしておきます。(女性・50代)
  • 30年前に比べて、今の夏の暑さは異常気象ですね。しかしこの暑さにも慣れれば都なので昔と同じく夏を扇風機で乗り切ろう!!(男性・40代)
  • 本当に「異常」かどうか分かりませんが、「だから電気消して!」などと言う説得材料にしています。(女性・50代)
  • まだ暑くなく大雨の被害が多いようです。暑くなったときのためには網戸の掃除が一番です。(男性・60代)
  • 日ごろから地域全体で防災意識を持ち、避難場所等の確認をしています。(女性・30代)
  • 豪雨の中出かけ、道路が冠水。エンジン水没となりました。水没は想定外、保険に入っていなかったのでわずかばかりの見舞金でした。ゲリラ豪雨のありそうな日は、外出を控えましょう。(男性・60代)
  • 折り畳み傘を必携しています。突然の雨に濡れると、風邪を引いたりクリーニングをしたり、余計なエネルギーやコストが生じるのでそうならないよう気をつけています。(男性・40代)
  • 以前のゲリラ豪雨で排水溝から水があふれ、あわや床下浸水かということがあったので、普段から排水溝の掃除をこまめにして、突然の雨水の増加に注意しています。(女性・60代)
  • 天気予報を参考に外出は控えるようにしています。傘が折れたり今までにない体験をすることが多くなりました。(女性・40代)
  • 異常気象の大雨、何より気象予報をみて早め早めの対策を取るようにします。簡単そうでできていないのが予報のチェックです。(女性・60代)
  • ココはタダでさえ雷の通り道なので家に居る時はコンセント抜きます。そのときの為に保冷剤を多めに冷凍しておいて冷蔵に移して温度の上昇を防いでます(男性・40代)
  • 近年の異常気象は地球温暖化とも関係がありそう。一人ひとりの力は僅かでもみんなで協力し二酸化炭素などの温室効果ガスの排出を抑えれば少しずつ改善するのでは?(男性・50代)
  • 都会では ゲリラ豪雨のニュースをよく聞いていたが 昨日 まさかのこの田舎でゲリラ豪雨があり 全国ニュースでも流れた。スーパーで 見知らぬ人とも この豪雨で話の花が咲いた。(女性・60代)
  • 去年は近くに落雷して怖いより見惚れてしまいました。豪雨の後に綺麗な虹も出る事あるし、しっかり備えて楽しい事もみつけませんか?(女性・50代)
  • 先日、突然の雨で困ってる女性に、ビニール傘ですが、差し上げました。私は車だったので。(女性・60代)
  • 異常気象は地球温暖化の症状の一つです節電ベジタリアン生活で地球温暖化防止してます又環境ボランティアで意識啓発してます(女性・40代)
  • 天気が荒れる時は、躊躇せずにレインシューズ/ブーツやレインコートを着ます。最近はオシャレな物が増えてきていますので、無理して傘のみで外に出て、靴や服をダメにしてしまうよりも随分エコになりますよ。(女性・30代)
  • 異常気象はフロンガスや排気ガスなどの影響もあると思うので、なるべくそういったものを出さないように心掛けています。(女性・50代)
  • 異常気象をどうすることもできないので、急な天候の変化に対応できるように、晴雨兼用傘は手放せません。最近は軽くて、雨にも日射にも強いいい傘が出ていますよ。コンパクトでバッグの中でも邪魔になりません。(女性・60代)
  • 電気製品で二酸化炭素の排出が多いのがエアコンですが異常気象と関連していると思います。人間が快適に成ると地球は不快を感じています。その皺寄せが異常気象に表れていると思いますので、どうすれば地球に我慢をさせないかを考えて行くことで異常気象が少なく成ると思います。(女性・40代)
  • 異常気象の元を質せば我々の日々の生活から生じたものだと考えられるので、地道にエコを意識した生活を一人ひとりが心がければ、だんだん減っていくと思います。(男性・50代)
  • 異常気象の一原因と思われる地球温暖化。またその原因とされる二酸化炭素排出量の増加。電力の節約や自家用車利用の軽減等自分のできるところを少しずつ!(女性・50代)

2015年8月 エココメント「夏休みについて」の一部をご紹介

  • 子育て中はおにぎりとおやつを持ち、森林浴兼ねての川遊びに家族で行っていました。暑さしのぎに無料、外で食べるおにぎりとおやつも川風を感じながら食べると美味しい。一日を無料ですごせました。(女性・60代)
  • 会社の夏休みは9日間あります。磯に上がって石鯛釣に集中専念します。360度海で暑くても、開放間満喫です。でもヤッパリ暑い!(男性・60代)
  • 子供のころは夏休みなどの長期の休みには夜更かしをしてよく叱られましたが、現在は年齢の影響なのか、すっかり早寝早起きです。(女性・50代)
  • 涼を求めて、近くの店や博物館・美術館へ・・。体を動かしたい時は、周辺の川や湖へザップ~ン!田舎だから出来る事ですが、家で冷房・テレビを使っているよりも、ずっとエコな夏休みの過ごし方ができます。(女性・30代)
  • 近所に山と併設されている様な大きな公園があり、犬の散歩がてら自分と愛犬の軽食を携え水辺のある園内の木陰でまったり過ごしています。体感的にも2~3度は涼しく感じられ気持ちよいです。(女性・40代)
  • 博物館の企画展を見に行きたいなと思ってます。最近は開催中でもネットで前売りを買えるものもあって便利です。(女性・30代)
  • 一足先に夏休みをとって香港に一週間行ってきました。香港のスーパー、コンビニ、デパートほか、ほぼすべてのモノを売る店では、徹底的に過剰な包装を排除し、レジ袋も言わないともらえません。ここ2,3年で徹底されたのですが、その浸透ぶりには感心します。常にエコバッグを持ち歩き、「包装?いえそのままで」というと店員さんの笑顔が返ってきます。その分、「ギフトなのでお願いします」というと、ちゃんと包装してくれます。日本もぜひ見習いたいものです。(女性・50代)
  • 普段あまり遊びで出かけることは少ないのですが、夏には必ず花火大会にでかけます。子供も巣立ち夫婦二人で花火を満喫してます。(女性・50代)
  • 今年は暑い!毎日の熱中症対策に大変で楽しめていない夏です もう少し涼しくなったら花火などで楽しみたいです皆さんも気を付けて楽しんでください。(女性・40代)
  • お盆に3日間の休みを取って、家族で帰省します。涼しい田舎でのんびり過ごしたら、身も心もリフレッシュできそうです。(女性・50代)
  • 我が家は子なしなので、夏休みというのはなく、お盆休みにお互いの実家へ帰省し、別々に過ごしています。(女性・30代)
  • 夏休みといっても子供が小さいので近くで過ごすつもりです。調べてみると色々と自治体などのイベントあることを知り、地元を改めて知ることがきっかけになりました。(女性・30代)
  • 昔は夏は川で泳いでいました。今は家で風呂でシャワーを浴びていますが、全身ずぶ濡れのあのさわやかさはないですね。(女性・60代)
  • この猛暑の中で活動するというのはそもそも人間の生理に反している。だからエアコンのきいた部屋でテレビを見たり、読書したりしておとなしく過ごします。(男性・50代)
  • 休み中は水分をどんどん取るのでペットボトルが増えますが、それをつぶすのはちょっとしたストレス解消になるし、それが自然とゴミの分別につながりますね。(男性・50代)
  • 涼しい日に夏休みをとって、暑い日はあえて仕事に行きます。職場のほうがクーラーが入っていて涼しい。(女性・40代)
  • 親がよく言っていた「じっとしていれば暑くない」の意味がわかる年頃となりました。今年の夏休みは家でじっとしています。(女性・60代)
  • 7~8月は日帰り出来る距離の穴場の海水浴場に行きます。まとまった夏休みは遅めの9月に取ります。旅行などは安く行けていいですよ。(女性・40代)
  • 今年の夏は、猛暑のため、無理をするのをやめて、涼しくして、体調管理に努めた方がかえって経済的と腹をくくることにしました。(男性・40代)
  • 暑い最中ですが夏休みこそ思い切って家の内外を大整理。不用品を処分して大掃除した後は心身までも綺麗でスッキリ。良い汗かきました。(男性・50代)

2015年9月 エココメント「断捨離(片付け術)について」の一部をご紹介

  • 断捨離全くできません。片付けの本を買って何とかしようと思ったのですがその本さえもどこかに埋もれてしまいました。(女性・40代)
  • スーパーの商品と一緒。新商品が出たら旧商品は倉庫行き。何かを購入したら何かを捨てます。(女性・30代)
  • 子供たちに争いの種を残さないよう財産は使い切っていけるだけのお金が有ればそれが一番(男性・60代)
  • 服などは3年着なかった物はリサイクルショップに出すなどして、断捨離してます。(女性・30代)
  • 物は絶対に床や畳に置かない。上に置くのも限界があるので、どうしても物を置きたい時は、不要なものを探して捨てるようにしています(男性・50代)
  • もったいない、後で役立つからと取っておくと、不要なものばかり増えてしまう。思い切って、どんどん捨てることが、片付け術だと思います。(男性・40代)
  • コンビニでペットボトルの飲み物を買うときは、おまけ付きじゃないものを選ぶ。飲み物のおまけって、たまってくると思いのほか場所をとるんです。(女性・30代)
  • とにかく整理しなければならない者は、全部寝室に持って行きます。そうすれば嫌でも片付けなければ、その夜は眠れないわけで…。本気になって片付けるモードに入れます。(男性・40代)
  • 自分の物は断捨離するのですが、いつの間にか空いたスペースに妻の物が置かれています。毎度のことです。(男性・50代)
  • 引き出しなど整理して、いらないものを捨てると、心の中のいらないものまで捨てられたようにすっきりします。(女性・50代)
  • 物がたまるとストレスがたまり、物を捨てようとすると、またストレスがたまる。世の中、物があり過ぎる。(女性・50代)
  • 断舎離をして家の中の物が少なくなったので、掃除がとても楽です。部屋が広く見えます。(女性・40代)
  • 要らないなものを捨てていると、確かに不要なものは多いが、本当に何が大切なものなのか分からない時代になったと感じる(男性・40代)
  • 基本は”一つ買うなら一つ処分する。一つ捨てたら一つ買い足す”。決して物が増えません。(女性・40代)
  • 毎日5つ捨てる生活を続けたら、1年後の現在はお部屋がスッキリ。空気のよどみもなくなり、気持ちいい部屋に。お金の使い方も上手になり、節約にも繋がりました。これからもダンシャリアンでいきます!(女性・40代)
  • 「使っていないもの」「あまり好きではないもの」が占有している場所をコストで考えたら、結構な量だと気がつき断捨離を始めました(女性・30代)
  • 「ときめき」は最高のキーワードです。これを掲げると私ははかどります。何で気がつかなかったかなぁ?(女性・30代)
  • 台風被害のあった茨城県に後片付けに行こう。米軍横田基地から60人もの片付け米兵が来ているのにマスコミはなんで放送しないのかな?(女性・60代)
  • 断捨離の決め手は、めんどうがらず押入や引き出しの中身をいったん全部出すこと。3年ほど前に挑みましたが、捨ててしまって困っているものは1つもありません。そして、一度徹底的にやると以後それほど散らからなくなります。オススメ!(女性・50代)
  • 片づけ上手の友人によれば  何かを買ったら必ず買った分だけ処分するのだとか。  実行には勇気がいりますよね。(女性・60代)
  • いつかいるかもと、普段使わないものを置いても結局置いた場所を忘れてしまう事が多々あったので、また必要なら買えばいいやとひらきなおりました。(女性・40代)
  • 『断捨離』を読んで、一番印象に残った言葉は、「他の人のモノを捨てない』です。まず自分ができるところを断捨離してきれいにしていたら、家族にもいい影響が出るということだと信じ、自分の周りから片付けています。(女性・40代)
  • 基本的に片付けは好きです。綺麗に見えるコツはあまり物を置かないことだと思います。私は「好きだな~」と思うもの以外はなるべく処分するようにしています。もちろん買うときは吟味するし、物をもらわないことも大切かと思います。(女性・50代)
  • 母が物を結構ため込む人で死後部屋の片づけが大変だったのでその後自分の物をかなり断捨離しました。なにかきっかけがないとなかなかできないですね。(女性・50代)
  • 「捨てる」ことでゴミを増やしては、なにもエコではないと思うので、なるべくリサイクルするようにしています。新しく買うときは、慎重に吟味して!最低限のものだけで暮らしたいですけど、なかなか難しいですね。(女性・40代)
  • 「断捨離だ。エイッ捨てよう!」とは出来ない性分・・。どの物も思入れがあり、なかなか手放せません。せめて物がこれ以上増えないように、買う時は良く考えるようになりました(国の経済にとっては、消費控えは問題かも・・?)。当分の間は、流行の断捨離よりも、昔ながらの「もったいない」のエコな精神が続きそうです。(女性・30代)
  • この秋からプチミニマリストを目指します。毎日少しずつごみを減らすことで、心も軽くなってきました。(女性・30代)
  • 絶対捨てられないというものを、とりあえず段ボールに入れておく。しばらく経って一度も段ボールから出さなければ、要らないものだから、それは捨てる。これを繰り返すと,ほとんどのモノは無くなる。(男性・40代)
  • 小さい頃、ご飯粒を粗末にすると目がつぶれる、とか、物を大切にする人は人も大切にすると教わったので、断捨離は苦手です。でもせめて物を増やさないように心掛けたいと思います。(女性・50代)
  • 一定期間(私の場合は2年間)一度も袖を通さなかった服は捨てる。「いつか着るから」の「いつか」はこない。(女性・40代)
  • 家の中を一度に片付けてしまおうと思うと気が滅入るので、予め無理のない計画を立てておき、毎週末に少しずつ部分的に区分けした箇所を集中して片付ける。(男性・50代)
  • こんまりさんの指摘にある「ときめくか否か?」を基準に片づけられるようになりました!(男性・50代)