1. ホーム
  2. 全日本国民的美少女コンテストに行ってみた!
エルネ編集部

第15回 全日本国民的美少女コンテストに行ってきました!

第二弾!今度はあの、「全日本国民的美少女コンテスト」を取材にいってきましたー!
8月9日都内某所で行われた全日本国民的美少女コンテストは今年で何と30年、15回目を迎えたそう。

前回お邪魔した「ミス美しい20代コンテスト」とは違い、12歳~20歳までの少女達が対象であるのが特徴です。
このコンテストの出身者といえばテレビや雑誌でも引っ張りだこの錚々たるメンバー。米倉涼子さん、上戸彩さん、忽那汐里さん…武井咲さんと剛力彩芽さんは今回もトークショーのゲストとして参加です。

   

全日本国民的美少女コンテスト

ここで過去の全日本国民的美少女コンテストの出身者をちょっとおさらい。

<第1回(1987年)>グランプリ/藤谷美紀
<第2回(1988年)>グランプリ/細川直美
<第3回(1989年)>グランプリ/小原光代
<第4回(1990年)>グランプリ/小田 茜 モデル部門賞/石川亜沙美
<第5回(1991年)>グランプリ/今村雅美
<第6回(1992年)>グランプリ/佐藤藍子 審査員特別賞/米倉涼子
<第7回(1997年)>グランプリ/須藤温子 審査員特別賞/上戸 彩
<第8回(2002年)>グランプリ/渋谷飛鳥・阪田瑞穂 ファイナリスト/内藤理沙 出身/剛力彩芽
<第9回(2003年)>グランプリ/河北麻友子 グラビア賞/原 幹恵
<第10回(2004年)>グランプリ/山内久留実 演技部門賞/福田沙紀
<第11回(2006年)>グランプリ/林丹丹 モデル部門賞・マルチメディア賞/武井 咲 審査員特別賞/忽那汐里 演技部門賞/宮﨑香蓮
<第12回(2009年)>グランプリ/工藤綾乃
<第13回(2012年)>グランプリ/吉本実憂・小澤奈々花
<第14回(2014年)>グランプリ/髙橋ひかる

ダブル受賞があったり、賞も色々ですね!

さて、今大会ファイナリストのご紹介です。

No.1 山本 珠緒さん 16歳
No.2 安藤 ヴィヴィアン美麗さん
No.3 髙山 木乃夏さん 13歳
No.4 井本 彩花さん 13歳
No.5 仲野 美桜さん 14歳
No.6 玉田 志織さん 15歳
No.7 関口 夏瑞さん 15歳
No.8 田中 歩さん 13歳
No.9 柴田 遥華さん 14歳
No.10 伊丹 彩華さん 12歳
No.11 山下 新七さん 12歳
No.12 竹内 美南海さん 14歳
No.13 中田 陽菜さん 13歳
No.14 石井 薫子さん 12歳
No.15 藤田 桜恵香さん 12歳
No.16 森本 茉莉さん 13歳
No.17 庄司 凜花さん 13歳
No.18 谷口 桃香さん 16歳
No.19 吉田 朱里さん 12歳
No.20 木下 凜里乃さん 17歳
No.21 各務 詩絵来さん 16歳

ファイナリスト

この21名、全国(海外からの応募も!)8万人を超える応募者の中から選ばれに選ばれた方々です。
ドレスはファイナリスト全員お揃いで、協賛の株式会社ワールド、“PINK-latte”が担当。
シンプルで清楚なデザインが、スタイルの良さを引きたてていますよね!

今回はコンテストの本戦。

流れとしては、
一人ずつ舞台上に表れての①自己紹介、
歌唱による②音楽審査。

歌唱による音楽審査

3種類のお題から行われる③演技審査。

3種類のお題から行われる演技審査

その後、ファッションショーのようにランウェイを歩いて退場。
長いランウェイが用意されているのは、直に空気や雰囲気を感じてほしいからなんですって。

ランウェイを歩いて退場

皆さんしっかりして落ち着いた態度だったので、年齢よりも少し上に見える方が多かったですが、
自己紹介が始まると元気の良い高い声にびっくり!それで改めて、まだまだ幼い女の子達なのだと思い出しました。

3時間超えの長い審査。合間には、第13回第14回のファイナリストで組まれたアイドルX21のライブに、
武井咲さん、剛力彩芽さん、吉田美憂さん、髙橋ひかるさんの4名のトークショー。
ライブでセンターを飾っていた吉田さんは急いで着替えに戻ってトークショーの準備と大忙しです。

X21のライブ

トークショーで「コンテストに参加した理由」というお題が振られると、武井咲さんは賞金目当てだったと実情をぽろり。ご両親に家を買ってあげたかったという理由が健気です。

剛力彩芽さんは、ご自身の参加時はファイナリストではなかったので、後に初めてプレゼンターとしてコンテスト決勝の舞台に上がった際は後で泣いてしまったとのお話。ご活躍振りを見ると、コンテストに参加するという高い目標意識やその後の頑張りは誰かが見ているのかもしれないと思ってしまいますよね。

吉田さんは人見知り克服の為にご両親に説得されて、
高橋さんはダンスの先生から勧められてと、経緯から動機づけまでいろいろ。

武井咲さん、剛力彩芽さん、吉田美憂さん、髙橋ひかるさんの4名のトークショー

和やかな時間が区切られていよいよ、発表の時間!
固唾をのんで見守る少女達の中順番に読み上げられていくのは…

モデル部門賞:No.18 谷口 桃香さん 16歳
演技部門賞:No.10 伊丹 彩華さん 12歳
音楽部門賞:No.15 藤田 桜恵香さん 12歳
グラビア賞:No.20 木下 凜里乃さん 17歳
マルチメディア賞(ユーザー投票で選ばれる賞):No.12 竹内 美南海さん 14歳
審査員特別賞:No.6 玉田 志織さん 15歳 & No.14 石井 薫子さん 12歳
グランプリ:No.4 井本 彩花さん 13歳

以上の8名でした!おめでとうございます!

グランプリ:No.4 井本 彩花さん

グランプリの井本 彩花さんは驚いたのか涙を零して賞を受け取っていました。

会場はオスカー所属の先輩女優さん・モデルさん達も応援に駆け付けていたのでしょう。一見してオーラの違う方がちらほらと!プレゼンターとして上戸彩さんが壇上に表れた時は、会場が少しざわつきました。

編集部員の一人はロビーでミス美しい20代コンテストの時の受賞者さん達を見かけたそう。さすがオスカープロモーション主催。見どころが散りばめられたコンテストでした。

グランプリ:No.4 井本 彩花さん



昼顔 貴族探偵 LDK 現実から逃げるから現実がツラいんだ
昼顔 DVD-BOX 貴族探偵 Blu-ray BOX LDK 現実から逃げるから現実がツラいんだ

第1回ミス美しい20代コンテストのレポートはこちら>