ログイン

 
 

ゲストさん、ようこそエルネへ!

 

ちびこの資産運用コーナー

2020年東京五輪開催が決まり、久々の明るいニュースで経済活性化への期待が高まっています。
株価も安定的に上昇気味で海外投資家も市場に戻りつつあるようです。何よりも、2020年の東京五輪開催による経済効果を期待したいですね。エルネではこれから投資を始めたい、という投資が初めての方向けに資産運用を簡単にお伝えするマネーコーナーを作りました。
初めての方は、資産運用とか投資とか聞くと、危険!リスクが高い!などネガティブイメージをもたれる方が多いかも知れません。
「危険!」と思うのは、その内容をよく知らないからです。
運用するもしないも自分でしっかり勉強して判断して行えばネガティブなイメージを払拭できます。
ぜひしっかり基礎知識を理解していただき、より豊かな人生設計にお役立ていただければ幸いです。

第2回目のテーマ【株】

アドバイザー:アリト

第2回目は、資産運用の代表格「株」についてお話をしていきたいと思います。

 

資産運用初心者代表:ちびこ

株を始めてみたいんですが、何から始めていいのかわからないので教えてください!

 

アドバイザー:アリト

株を取引するには、まず証券会社に口座が必要です。
証券口座は開設まで大体1~2週間程度かかるので、時間の余裕を持って準備したほうがいいですね。
口座が開設されたら、オンライン入金をして株の取引を始めることができます。

 

資産運用初心者代表:ちびこ

証券会社の口座? 銀行ではだめなんですか?
色々な証券会社があるけどどこがお勧めですか?初心者でも簡単にできるところがいいです。

 

アドバイザー:アリト

銀行の口座ではだめですよ。必ず証券会社の口座が必要になります。
どこの証券会社がいいかの判断材料は手数料や使い勝手によると思います。
今はどの証券会社も手数料が安く使い勝手もそこそこいいので、自分に合っている証券会社をランキングページ等から探してみるのはどうでしょう。

 

ネット証券比較表(2013年9月現在)

ネット証券会社名 株式売買手数料 おすすめポイント
10万円まで 30万円まで 50万円まで
楽天証券
【1,000pt】
145円 358円 358円 初心者~アクティブトレーダーからも高評価。
たくさんの0円サービスが魅力。
ライブスター証券
2,500pt
84円 189円 189円 取引手数料が圧倒的に安い!
カブドットコム証券
10,000pt
189円 283円 567円 1株から買える「プチ株」が大人気!
SBI証券 145円 285円 285円 口座数ダントツ!
マネックス証券 105円 262円

472円

新規公開株の取扱いはネット証券トップクラス!
GMOクリック証券 105円 260円 260円 使いやすいトレード環境

アドバイザー:アリト

証券口座は複数持てるので、手数料が安い○○証券、画面が見やすい□□証券等、利用用途に応じて証券口座を使い分けても良いと思います。
ただし注意としていま流行のNISA口座は1人1口座になります。

 

資産運用初心者代表:ちびこ

NISA ってよく聞くようになったけどもう一度教えてください。

 

アドバイザー:アリト

NISA(ニーサ)とは、2014年1月から始まる少額投資非課税制度です。
投資額100万円までの株式・株式投資信託の譲渡益や配当金等が非課税(毎年100万円、最長5年間)になる制度です。
非課税口座はお一人あたり1口座のみとなります。

 

資産運用初心者代表:ちびこ

ところで、NISA(ニーサ)って何の略語?

 

アドバイザー:アリト

NISA(ニーサ)、元々はイギリスのISA(Individual Savings Account=個人貯蓄口座)をモデルにしていて、それの日本(Nippon)版ということで、NIPPON Individual Savings Accountの頭文字を取って「NISA(ニーサ)」といいます。日本証券業協会において、今年の4月に「少額投資非課税制度」の愛称を募集したところ、7009件の一般応募の中からNISA(ニーサ)が愛称として選ばれました。
ちなみに当選者は50代男性だそうですよ。

 

資産運用初心者代表:ちびこ

え~すごい!NISA(ニーサ)って一般からの応募で選ばれた愛称なんですね。
何でJAPANじゃなくNIPPONだったのだろう?もしJAPANだったらJISA(ジーサ)??
すみません、そんなことどうでもいいですね(?´Д`)
ところで誰でもNISA(ニーサ)口座を作ることができるのですか?

 

アドバイザー:アリト

20歳以上の方であればどなたでも口座開設可能です。
ちなみに、一度NISA(ニーサ)口座を作ったら4年間は他の証券会社に乗り換えることが出来ないのでご注意ください。運用してみてやはり手数料が高い!と気付いてもすぐには換えられないのです。

 

資産運用初心者代表:ちびこ

へえ、そうなんだ、知らなかった!
ということはやはり手数料が高いか安いかが一番大事なポイントなんですね。
他にはどんなことに気をつけたらいいですか?

 

アドバイザー:アリト

そうですね。せっかく非課税の優遇口座を作るわけですから、利益を出さないと意味ナイサ・・・??になってしまいますよ。
どんな株を選んで運用するかなど慎重に見極めて利益を出せるように運用することですね。

 

NISAはお得

資産運用初心者代表:ちびこ

そういう観点から比較表を見てみると、ネット証券が圧倒的に手数料が安いですね。
やはりネット証券の口座がお勧めですか?

 

アドバイザー:アリト

証券口座は大きく分けて店舗かネットに分かれますが、最近はネット証券に口座を作るのがスタンダードかと思います。
なんと言ってもネット証券と店舗型証券では手数料が格段に違いますからね!

<例えば30万円の株を現物で購入した場合の手数料>
某店舗型証券 約4,000円
某ネット証券 約300円
ネット証券は店舗型証券の1/10程度の取引手数料で済みます。

また、店舗型証券の場合、口座開設すると口座維持手数料がかかる場合がありますが(取引状況や残高に応じて異なるが、年3,000円程度)、ネット証券は基本無料です。

もし株式投資をする際、専門家によるアドバイスや相談を受けたい場合、電話や対面で取引したい場合は店舗型証券口座を検討しても良いかもしれません。

証券会社によってはデモ取引ができるところもあるので、申し込む前に一度デモで取引をしてみて使いやすいかどうかで選ぶのも1つの手です。

 

ネット証券と店舗型証券の比較図

ネット証券と店舗型証券の比較図

資産運用初心者代表:ちびこ

口座開設手続きについて教えてください。

 

アドバイザー:アリト

先ず、口座の種類を選ぶ必要があります。
口座の種類には、「1.源泉徴収ありの特定口座」、「2.源泉徴収なしの特定口座」、「3.一般口座」の3つがあります。
ここでは源泉徴収ありとなしのそれぞれのメリットを書いてみます。

1.「源泉徴収ありの特定口座」⇒ 証券会社が取引ごとに税金を計算し、損益に応じて税金の徴収、還付をしてくれる⇒【お勤めの方におすすめ】

2.「源泉徴収なしの特定口座」⇒ 利益が20万以下で税金を払わなくて良い場合、確定申告時に後払いで税金をまとめて支払う事ができる⇒【個人の方におすすめ】

また、税金の計算の仕方や家族構成(サラリーマンか、専業主婦か)によってそれぞれのメリット、デメリットが変わってくるので各証券会社で詳細を一度調べるのをお勧めします。

 

>>続きを読む

資産運用コーナーの登場人物。初心者代表:ちびこ。アドバイザー:アリト。