ログイン

 
 

 

月刊エルネ~エルネ調査隊が日常のプチネタや気になる情報をお届け!~

written by ちゃみ

お得なお店はどこ?コーヒーチェーン店ホットコーヒー比較

今回の比較モノの記事は、コーヒーチェーン店のホットコーヒーです。
牛丼おせちロールケーキなどを比較してきましたが、エルネメンバーの方からコーヒーの比較もやって欲しい!
というご要望をいただきましたので、早速調べてまいりました!

最近は、エスプレッソやカフェラテ、カプチーノなど、最近では定番となってきたコーヒーもありますよね。
でも今回は、定番中の定番!コーヒー下さいと言えばこれが出てくるであろう、ホットコーヒーの比較をしました。
店によってドリップや、ブレンドなど、ホットコーヒーの呼び名も違いますので、あわせて下記に記していきます。

4社のテイクアウトコーヒー

今回の調査対象店舗は、
エクセ●シオールカフェ、ド●ールコーヒー,●ターバックスコーヒー、●リーズコーヒーです。テイクアウトで、一番小さいサイズのものを購入し、比較しました。

コーヒー比較表

 

上の表を参照いただくとわかるかと思いますが、量が一番多かったのが、エクセ●シオール、価格が一番安かったのがド●ール、コストパフォーマンスも計算しまして、1ミリリットルあたりの価格を算出すると、ド●ールが一番お得という結果になりました。

しかし、それだけで一概にどれが良いとは言いづらいかと思います。
豆の種類や焙煎具合、苦みや酸味など、各々に好みがありますので、飲み比べてご自分の好きな味を探してみるのも楽しいかもしれません。

次では、各ショップのテイクアウトしてきたコーヒーの写真と、店舗で自由にもらえるポーション類を紹介します。
テイクアウト時の蓋などは各ショップ飲み口の形状などが違っていて、比較するとなかなか面白いです。
シュガーや、ガムシロップなどもカロリーオフのものも置いてあったりして、バラエティーに富んでいました。

 

エクセ●シオール

エクセ●シオールカフェは、ド●ールコーヒーから誕生した、イタリアンエスプレッソを中心としたカフェです。
ド●ールとの差別化は、カップの重さや椅子の座り心地、つくりおきの豆は一切使用しないなど細かい部分までこだわったところにあるようです。

ド●ール

ド●ールは、気取らないカジュアルな雰囲気を各店舗に取り入れており、キャッチコピーは「がんばる人の、がんばらない時間。」だそうです。
エクセ●シオールカフェもそうですが、コーヒーのサイズの表記が、「S・M・L」というのも注目すべき点です。
他のショップの表記がShortだったりTallだったりして、注文が難しい!と思って戸惑ってしまうような方でも、
迷うことなく注文できるサイズ表記にしているところが、個人的には注目したい点かな、と思いました。

●ターバックス

エスプレッソをメイン商品として、シアトルスタイルカフェ・ブームの火付け役となったのが●ターバックスです。
店舗の特徴として、ソファ席やリビングのようなインテリア、オープンテラス、店内全面禁煙というものが挙げられます。
個人的に素敵だなと思うのが、コーヒーを出される際に、カップに手書きでメニューが書かれるのですが、各店員さんの個性の出た字や、
コメントが添えられていたりすることがあります。そういった小さな部分の心遣いが嬉しかったりしますね。

●リーズ

●リーズは、若い女性を日本でのターゲットとしていて、それに伴い壁面をクレマの色調にしたり、カントリー調の椅子を設置したりしています。
コーヒーの味へのこだわりが強い人をターゲットとしているので、少し価格が高めでも固定ファンが多くいるようです。
若い女性をターゲットとしていることに起因して、フラペチーノが売り上げの多くを占めているのも特徴と言えると思います。
●ターバックスと違い、喫煙席を設ける店舗もあるが、完全分煙にして喫煙者と非喫煙者の各々の希望を尊重する形をとっています。

編集後記

コーヒーは、エルネ調査隊の各自が、担当の店を決め、「散っ!」と言わんばかりに散って買いに行ったのですが、
●トールでは、あるハプニングがありました。
ブレンドコーヒーをオーダーしたところ、コーヒーマシンが壊れていたらしく、追加料金なしでプレミアム?のコーヒーを提供してくれました。
ちょっといいやつが飲めたのでラッキー♪というお話でした( ´ー`)ノ

↑ページのトップへ

Amazonでのお買い物にはエルネポイントは付きません。